« 宮ノ上地下式横穴墓群を訪ねて(鹿屋市吾平町) | トップページ | 高隈山に登る »

王子遺跡資料館

 このところ雨続きです。9月下旬から今月の半ばまでほとんど降らなかったのを取り戻すかのように、よく降ります。

 屋外の活動は出来ませんので、資料館に行ってみました。王子遺跡資料館と言い、郷土資料館を持たない鹿屋市では貴重なものです。もっとも他に二つの資料館があります。ひとつは「海上自衛隊鹿屋航空隊基地資料館」で国の施設。もう一つは「笠野原開発資料館」で、こちらは民間の施設です。この2館についてはいずれ取り上げる機会もありましょう。今日は王子遺跡資料館だけの紹介です。

 王子遺跡は昭和55年に鹿屋バイパス工事中に発見され、翌56年から発掘調査された弥生時代中期の遺跡です。2000年~2100年前の竪穴式住居跡が27基、掘っ立て柱建物跡が14基という規模の集落遺跡で、55年当時はそれまで南九州では弥生時代の大集落などほとんど見つかっていなかったことと、棟持柱(むなもちばしら)付き住居の存在が伊勢神宮などの神社建築様式のひとつのルーツを示すのではないかなどOujimunamoti_2と報道され、センセーションを巻き起こしたようです。

 遺物として注目に値するのは、いま挙げた「棟持柱付き掘っ立て柱建物」、「鉄製ヤリガンナ」、「矢羽根透かし彫付き高杯(タカツキ)」などで、ヤリガンナは製材用とくに船材の加工に使われたとされています。また弓の矢羽根(やばね)の形をした透かし彫りの技法は瀬戸内系なので、当時、瀬戸内地方と大隅との間に交流があった可能性が高いことを示す遺物として注目されています。 Oujitenji

 王子遺跡資料館はただ一つの遺跡を唯一の対象とする珍しい展示館といえるかもしれません。実にこじんまりとした資料館です。ゆっくりと念入りに見て回れます。開館時間は9:00~16:30。入場無料。休館日は月曜です。場所は鹿屋市文化センターの裏、普通の住宅と勘違いしそうな建物ですから、できれば文化センター脇の中央公民館の事務室で聞いておいた方がいいでしょう。その事務室の横には西祓川町の地下式古墳(隼人系の墳墓と言われている)から出土した短甲(よろい)と冑(かぶと)がガラスケースの中に展示してあります。実物なので必見です。Tankou_1

|

« 宮ノ上地下式横穴墓群を訪ねて(鹿屋市吾平町) | トップページ | 高隈山に登る »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

 カミタクこと神山卓也と申します。

 私が運営するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「鹿児島市立ふるさと考古歴史館訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKANAC.HTM
から貴記事にリンクを張りましたので、その旨報告申し上げます。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

投稿: カミタク(鹿児島市立ふるさと考古歴史館訪問記) | 2009年9月13日 (日) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮ノ上地下式横穴墓群を訪ねて(鹿屋市吾平町) | トップページ | 高隈山に登る »