« 飯盛山古墳(志布志市)探訪 | トップページ | 新春の出会い »

肝属川(きもつきがわ)河口の日の出

 肝属川の河口に日の出を見に行った。Kimotukigawakakou1221_036_1

 初日の出には早い!?のは承知で、実は「冬至の日の出」を拝みに行ったのだ。寒い朝で、霜こそ降らなかったものの、ようやく目覚めた鴨の群れが、川面から立ち上る朝霧の中で遊泳を始めていた(写真の中心は権現山。右手の黒々とした岬状のものは中州で、本流はこの中州の向こう側・権現山の真下を流れ、左側の岬=柏原新砂丘の向こう側に広がる志布志湾に注いでいる。下の写真が志布志湾からの日の出)。

Kimotukigawakakou1221_034_1   冬至の日に日照は最も短くなる。

この日は民俗的には特別な日で「太陽神の再生」を祈願する大切な日だったのだが、新暦(明治6年に採用された西洋暦)の正月元旦が間近いことと、クリスマスのお祭り騒ぎが取り入れられてすっかり廃れてしまい、今はただ「冬至のゆず湯に入れば風邪をひかない」などと言われるだけになってしまった。

 だがゆず(歌手ではない、みかん類の柚子)は実は太陽の象徴なのだ。ゆず湯とはだから「太陽の湯」ということなのである。

 そもそもクリスマスも元来は北欧の「太陽の回復祭り」が起源だそうだ。さもありなん、太陽に見離されたような白夜の続く中、その極日である冬至の日に「太陽様、我々を見捨てないで早く帰ってきてください」という気持ちは良くわかる。それが一神教のキリスト教になってから、いつの間にか〈サンタ・クロース(聖ニコラス)〉が主人公になってしまった。

 民俗的様相から見ると、世界はひとつだという感を深くする。

 〈ときじくのかぐのこのみ〉という垂仁天皇の時代に但馬の国の出身であるタジマモリがKimotukigawakakou1221_039 常世の国まではるばる見つけに行ったという木の実は、橘(たちばな=みかんの一種)のことだそうだが、この「常に成り続けている光り輝く木の実」とは太陽を象徴しているのかもしれない。垂仁天皇の時代にすでにそのような「太陽神の回復」「永遠の輝き=不老不死」という観念があったとすれば、〈冬至の祭り〉の起源も相当に古いことになる。

 冬至の日だけといわず、太陽の乏しい冬の間にみかん類を浮かべて風呂に浸かるのは健康上、信仰上(?)とても理に適っているのではないだろうか。

|

« 飯盛山古墳(志布志市)探訪 | トップページ | 新春の出会い »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯盛山古墳(志布志市)探訪 | トップページ | 新春の出会い »