« 霧島ヶ丘公園(鹿屋市) | トップページ | ラーメン店 »

謎の西郷さんの写真

 先週出かけた霧島が丘公園にある南洲庵。その中の通路の壁に額装されていた西郷隆盛を含む慶応年間の集合写真は、人物比定に大いに問題あり、と判明した。インターネットのおかげである。

 鹿屋市公園管理事務所に問い合わせたところ、写真の件については寄贈者の名前しか分からず、結局ネットの「西郷隆盛の写真」検索で解明することができた。次のホームページを参照させていただいた。お礼申し上げる。

   http://www.nextftp.com  

 これによると、この集合写真に写っているのは、幕末に佐賀藩の大隈重信らが中心となって設立された英学塾「致遠(ちえん)館」の教師オランダ人フルベッキを囲む44人の佐賀藩士で決して他藩の志士たちではない。時代も明治二年のことで、大隈らが設立場所の長崎から、いよいよ江戸(間もなく東京となる)へ青雲の志を抱いて行こうという時に、恩師を囲んで撮った記念写真だった。だから慶応年間のものというのからして間違いである。

 そもそもこの写真が出回ったのは、ある肖像画家が約三十年前にとある歴史雑誌に勤王志士の名を入れたのが始まりという。肖像画家として何としても西郷さんの本物を見つけたいという、信念というか執念というかその気持ちは分からないではないが、結局これから尾ひれが付いてほぼ全員が薩長土肥の「維新の元勲たち」に比定されてしまった。4,5年前から再びこれが取り上げられるようになり、佐賀では陶版写真として土産物にもなったという。少年姿の明治天皇まで写っているというから、驚きを通り越してあほらしくなる。

 最大の元勲西郷隆盛の顔がどの写真にもない、というのも確かに異常だが、神秘性もカリスマの一つの条件であろう。陸軍大将・参議という最大の栄職を捨てて国に帰り、一農夫になった後、学校を建てて若者を指導し、時に大隅の日当山・高須・根占や薩摩川内あたりまで湯治と狩猟に明け暮れるという隠士の姿を見せた維新最大の功労者、西郷さん。今でもその恬淡・無欲の実践を慕う者は多い。

|

« 霧島ヶ丘公園(鹿屋市) | トップページ | ラーメン店 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧島ヶ丘公園(鹿屋市) | トップページ | ラーメン店 »