« 米作り(早期米のできるまでー⑤) | トップページ | 米作り(早期米のできるまでー⑦) »

米作り(早期米のできるまでー⑥)

 昨夜は大雨注意報が出ていたが、夜が明けてみるとさほどではなかった。

 大雨が降って欲しいのは、実は田植え前の農家なのだ。田んぼに水を張るのに用水路からの水のほかに、天水があればあっという間に田に水が満たされる。もし、からからの天気だと用水路の水だけに頼るほか無く、折もおり、みんなが一斉に田植え前の代掻きにかかるので、なかなか水がまわってこないという羽目になる。

 それでも降らないよりはましだったようだ。Komedukuri0325_020

 Nさんの田んぼには水を引き入れているのだが、砂地のこの田は少しぐらいの水ではすぐにしみ込んでいってしまうという 。だから、昨夜の雨は恵みの雨だったそうだ。

 JA(農協)吾平の育苗センターでは、いよいよ27日から苗の販売が始まる。その一番苗を真っ先に手に入れて、その日のうちに田植えをするという農家があった。道を隔てた斜め向かいの田んぼでは、すでに代掻きを終え、水面を均していた。Komedukuri0325_023

 今年は去年より二日遅れているという。種蒔き後の3月が総じて気温が低めだったことが影響しているのだろう。それにしても農家は日付には敏感だ。農業は時間にはルーズだが、こと農繁期の日付となるときちっとこれを守る傾向にある。先例遵守ということだが、ここに代々受け継がれていく素地のようなものを感じる。

 ところが上には上がいるものだ。鶴峰東のこの地区から帰る途中、姶良川の堤防を走っていると、なんと田植えに出くわしたのだ。Komedukuri0325_016_1

 聞けば、苗は自家製でおそらく界隈では一番早い田植えだろうという。

 小型の田植え機だが、それでも四条が同時に植えられ、おそらく昔の手植え時代の7~8倍の能率ではないかと思う。

 苗を見ると、すでに丈は10センチほどになっている。田んぼの水はそう冷たくはない。植えつけてしばらくは温度管理に細心の注意が必要だ。

 

|

« 米作り(早期米のできるまでー⑤) | トップページ | 米作り(早期米のできるまでー⑦) »

米作り(早期米)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米作り(早期米のできるまでー⑤) | トップページ | 米作り(早期米のできるまでー⑦) »