« 照葉樹の森ビジターセンターへ | トップページ | 姶良川流域散策(最終回) »

早期米の米作り-⑩

 分けつは、ほぼ終わったようだ。

 分けつとは、一本の株から5~6本(多いものは十本ほど)にも株が増えることだが、見Turuminekamino_007 たところ、N さんの稲も、I さんの稲も両手でつかみ回して丁度よいくらいに株が増えている。Turuminekamino_004

 N さんの田は水を切っているようで床土が見えている。水を干すと床土に酸素が供給されるので、それなりに必要な措置なのだがまだ早い気もする。

 現に、I さんの所は水を張ったままだ(気温21度。水温25度だった)。丈の高いのは40センチもある。

 04010001 04010002 何にしても大きくなったものだ。4月1日の田植え当時の苗を見ると、赤ん坊と青年の差がある。いや、赤ん坊と白鵬くらいの差か。

 (それにしても両横綱がモンゴル人とは情けない。モンゴル大相撲の日本場所になってしまった。国技も国際化したものだなあ)

 

 

|

« 照葉樹の森ビジターセンターへ | トップページ | 姶良川流域散策(最終回) »

米作り(早期米)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 照葉樹の森ビジターセンターへ | トップページ | 姶良川流域散策(最終回) »