« 早期米の米作り-⑩ | トップページ | 紫陽花 »

姶良川流域散策(最終回)

 姶良川の源流で滝ウォッチング。

 吾平町を流れる姶良川の散策も最後になった。

神野地区のバスの終点である永野牧から、右に小さな橋を渡ると正面に丘が横たわるが、それが大川内神社で、神武天皇を生んだアイラツヒメを祭る(紹介済み)。

 神社を左手に見ながら、道を大川の源流方面にとる。あたりは段々田の広がるいかにも山村らしいたたずまいだ。どの田もゴルフ場のグリーン状にみどり豊かである。

  Turuminekamino_011 山合いの道へ入り人家を過ぎると、橋を渡って大川の左岸沿いのくねくね道となる。スギの植林が尽きると南隅らしい照葉樹林帯だ。シイ類が圧倒的に多い。一キロほどで最初の滝「杖立Turuminekamino_010_1ての滝」だ。

写真右は一番下の滝つぼ。比高3m。

写真左は上部の滝。比高12~3m。

上部の滝の上にはまだ滝があるようなのだが、これ以上登れないので分からない。実に神秘的。上から下まで一枚の花崗岩らしいのには驚く。驚くのはまだ早い。あと三つ見た滝もすべて一枚(と言うか、ひとかたまり)なのだ。

 「一本松の滝」は杖立ての滝から3~400メートルの所、何と砂防ダムのすぐ下にあTuruminekamino_014 る。というより砂防ダムがこの滝の上部の岩盤を利用して造られている。不粋なダムだがそのダム壁の上に乗って見下ろすことができる。比高20メートルほどか。

 大きな花崗岩が下に落ちそうだ。いつか豪雨の際の出水で流されはしないかと気になる。

 ここから100メートルほどにあるのが「特攻の滝」だ。

 Turuminekamino_015 なんとも言えないネーミングだが、どういういわれからなのか今度調べてみよう。これは道路から降りる道はないので、遠くから眺めるのみ。

 巨大な花崗岩の小山の天辺からしなだれ落ちる水が、白く泡立っている。こういうのでは「布引の滝」などという名が付けられそうなもんだが・・・。

 さらに登ること数百メートル、道が右へカーブしている所にあったのが「おしどりの滝」。Turuminekamino_016

 道路からほんの三十メートルで滝の中間(第一の滝と第二の滝の間)のテラスに行き当たる。広さはかなりあって、親子連れで来たらここで弁当を広げたい所だ。

 上の滝から落ちてくる水が、ぽっこりと突き出た花崗岩を滑り落ちた所が丁度よい水飲み場になっている。試しに飲んでみると、これが実にうまい。甘露なのだ。おそらく超軟水だろう。Turuminekamino_017

 酒、特に日本酒をこの水で仕込んだら、いい味が出るのではないか。そこまでしないまでも焼酎の割り水(湯)に使えるなー。今度来るときは、大きな水筒を持参することにしよう。

 ここからあと500メートルほどで八山(ややま)岳登山口だが、道々思いがけずきれいな鳥の鳴き声を聞いた。アカショウビンだ(と思う)。「ひゅるるるるる」と啼いていた。頭のすぐ上の茂みの中だった。

 Turuminekamino_023

 入山口に立つ看板によると、神野地区のこのあたり約14ヘクタールは遺伝資源保存林という事だ。

 樹種はイスノキとアカガシだそうだ。どっちも硬い木として著名で、入山してみると登山道沿いに普通にイスノキの大木があり、板根がすさまじい。Turuminekamino_018

 こんなフィトンチッド一杯の森林を歩くことわずか5分。道は滝の出会いに到達する。二本の沢が出会うのだが、どちらも滝の形で出会っているのだ。滝だらけの大川ならではのシーンだろう。おかげで沢の出会い部分は見られないのだが・・・・・。Turuminekamino_021

←この沢を渡ると、いよいよ八山岳(941m)への本格的な登りになる。

 以前、一度登ったことがあるが、結局山頂らしきものが分からず、引き返したことだった。

 帰る途中、往きには気付かなかった所に水田があった。道路から少し入った木立の間Turuminekamino_032 に、満々と水が貯められた姿は神秘的でさえあった。もう すぐ普通作の苗が植えられるのだろう。

 Mapyayamadake_2 マップ(赤い十字は一番山奥の水田)

  

鹿屋市のスクロール地図はこちら

 

|

« 早期米の米作り-⑩ | トップページ | 紫陽花 »

姶良川流域散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早期米の米作り-⑩ | トップページ | 紫陽花 »