« 高山川流域散策(その5) | トップページ | 台風5号がやってきた »

早期米の米作り―⑬(最終回)

 収穫だ!天気も上々、うれしいね(下手な俳句になってます)。Komedukurishuukaku_010

 鹿屋市吾平町の鶴峰地区の田んぼでは、黄金色に色づいた田があるなか、とっくに刈り取りを済ませ「架け干し」をしている田、さらには脱穀中の田もあったりして、あちこちに人が出て仕事に精を出していた。

 いつも観察していたN さんの田、I さんの田は、もうコンバインで刈り取ったあとだった。あさってに迫っている台風5号の来る前に刈り取ってもらったのだろう。Komedukurishuukaku_004 その代わり、と言っては何だが、道路向いの田で夫婦が刈り取り作業を行っていた。

 いつもながら農作業中の夫婦の仕事は息も合って手馴れたものだ。夫がバインダーという刈り取り結束機で一条ごとに刈って行くと、妻がその稲束を程よく田面に置き並べていく。次の作業である「架け干し」に備えてのことだ。

                Komedukurishuukaku_008_2 200メートルくらい離れた田で、ちょうどその架け干し最中の人がいたので、撮影させてもらった。

 この地方では一本足の支柱だが、二本足の所も多い。現に筆者が田んぼを作っていた時は、二本足だった。その姿から「架け馬」とも言った。このまま天気がよければ夏だから5日ほどでよく乾き、脱穀をする。Komedukurishuukaku_012_3

  これまた同じ地区内に脱穀中の田んぼがあったので、撮らせてもらう。

 四人が一台のハーベスターという脱穀(脱粒)機に張り付く。他にもうひとりがいて、彼はモミが米袋に一杯になるとハーベスターから下ろして軽トラックに積んでいく。

Komedukurishuukaku_014

  米袋には満タンにして35キロは入るから、トラックに載せるのも一苦労だ。だが、無事の収穫の喜びが、その35キロを「至福の重さ」に変える。このときばかりは「デブが格好いい」に違いない。籾スリさえすれば、明日からでも新米が食べられるのだ。

Komedukurishuukaku_007_2  さっきの田では、老夫婦が昔ながらのバインダーで刈り取っていたが、左上の写真は小型コンバインでの刈り取りと脱穀、左下の写真は中型コンバインでの刈り取りと脱穀で、どちらも刈り取りながら、脱粒までやってしまうという優れものだ。

 ただ、モミの乾燥はお天道様ではなく、モミ乾燥機でやる。たしか48時間くらいの行程だったと思うが、昔気質の人に言わせるKomedukurishuukaku_015_2 「天日でなければ、うまくはなか」だそうだ。また、機械乾燥では来年の梅雨までもたん、とも言う。

 食味研究家でなければ軍配の上げようがないが、新米なら、なんにしても美味いことはうまい。中でも、山がちの冷たい用水の地帯の米は、収量はやや落ちるが「味付き米」とよく言われる。

 つまり、米粒がしまっており、うまみが強いせいで「米に味が付いているから、おかずは要らぬ」というわけ。

 今年は梅雨までは日照時間が短くて心配されたが、梅雨明け後のかんかん照りのおかげで持ち直したようだ。一反(300坪=1000㎡)当たり、モミで16~20袋(約500~600キロ)、白米にして300キロ弱は採れただろう。

 04010002 4ヶ月前のまだ肌寒い4月1日前後に植えた苗が見事に実を結び、収穫の運びになった。

 ちょうどその頃、例年より遅かった桜が満開だった。季節はめぐり、今は田の上を04010013 赤とんぼが舞い、巣立ちを迎えたツバメたちが飛び交う。

 今年の早期米のバージョンはこれにて終了。だが、まだ普通作が青々と田を埋めている。そんな様子もお届けしたいと思う。

            満開の桜(吾平山陵入口にて=4月1日)→

|

« 高山川流域散策(その5) | トップページ | 台風5号がやってきた »

米作り(早期米)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高山川流域散策(その5) | トップページ | 台風5号がやってきた »