« 肝属川流域散策(その2) | トップページ | 肝属川流域散策(その3) »

昨日の午後、晴れつつある西空に虹が出ていた。

そうしたら今日も、今度は東の方に出ていた。二日連続で見るのは、そう記憶には無い。

昨日もだったが、今日のも天辺あたりは途切れている。弱々しい虹だ。Kimotukigawa3_031_2

虹が何かの前触れということは聞いたことがないので、異変でも何でもないのだろう。

それにしても、自民党総裁選は盛り上がらない。

平成の二代目黄門様で決まりか・・・、はたまた派閥抜きの下馬評では評価の高い九州男児タローが勝つか・・・。

群馬県からの4人目が選ばれるか、九州から3人目が選ばれるかという視点もある(ただし戦後の話)。

思えば福田、中曽根、小渕の上州勢。大変なことだ。

冬の空っ風とカカア天下に鍛え抜かれた男たちなのに違いない。

その一方で九州。細川(熊本)、村山(大分)と二人が出るには出たが、どっちも短命内閣。どういう違いだろう・・・。確かに空っ風はない。カカア天下もない。要するに甘やかされているのだろう、九州男児は・・・。

比べてさらに面白いのは、細川、村山の九州組は自民党の総裁ではなかったことだ。ひょんな成り行きで、総理になってしまったことも似ている。タローもそんなハプニングから総理になる可能性はある。

 もっともその前に、粘り強さではピカ一の東北(岩手)のイチローが待ち構えているが・・・。

|

« 肝属川流域散策(その2) | トップページ | 肝属川流域散策(その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肝属川流域散策(その2) | トップページ | 肝属川流域散策(その3) »