« 雄川流域散策(南大隅町・錦江町)(その1) | トップページ | 初詣(荒平天神) »

土器の発明

 グラハム・ハンコックというイギリス人歴史ジャーナリストの書いた『神々の時代』(小学館・2002年)を読み終えた。

 以前の書『神々の指紋』と同様、世界の4大文明以前にあったとされる超古代文明を追跡する内容で、この本では、最終氷河期(ウルム氷期)が明けた頃にあったらしい大洪水(海面の急激な上昇)によって沈んだ海面下の人口造作物を、世界各地で調査し、その結果を纏めたものである。

 地中海のマルタ島周辺、インドの西海岸、そして最も興味のそそられるのが日本の海底遺跡(与那国島)の調査と、日本の古文明、つまり縄文時代への言及だった。

 与那国島の海底遺跡については、すでに琉球大学の木村政昭教授による綿密な調査が行われ本も出版されている(『海底宮殿』実業之日本社・2002年など)ので目新しいというわけではないが、そのことよりもハンコックが非常に興味を示しているのが縄文時代、特にその時代の土器である。

 鹿児島では約1万年前の土器があちこちに見つかっているが、これは世界最古の土器群で、いわゆるチグリス・ユーフラテス文明でみられる7000年ほど前の土器が最古と言われてきたが、それをはるかに上回る1万年という古い時代に日本列島では土器がつくられていた。

 (ただし、青森県蟹田町の大平山元(おおだいやまもと)Ⅰ遺跡からは何と16000年前の土器片が30個くらい発見されている。上には上があるものだが、しかしこの16000年前と縄文時代草創期(11000年前)の土器として著名な「豆粒文土器」「隆起腺文土器」「隆帯文土器」との間が4~5千年もあいていて、その間の土器はまだ一切見つかってない。)

 ハンコックはこの点に関して、日本の指導的な考古学者・佐原真(さわら・まこと=国立歴史民俗博物館長)と会って話を交わしているが、佐原が日本の土器文化の発祥地を「・・・そこでたとえばシベリアで、考古学者が縄文(土器)に影響を与えたもっと古い土器製造の文化を発見する可能性もあります」と、日本列島外に土器の根源をもとめる姿勢を紹介し、それには疑問を呈している。

   佐原真は・・・・・縄文文化が影響を受けたのは、シベリアの土器製造文化ではないかと思っている。だが   公平に言っても、これは佐原の推測に過ぎない。確かにシベリアでは太古に土器が作られているが、縄文ほど古くはない。また土器を作るという発想は、本質的には大躍進を生む知的作業であり、大陸の他の部族の存在を必要としない(『神々の時代』下巻433ページ)。

 

 ハンコックのこの疑問はわれわれのものでもある。どうして日本の学者はなんでもかんでも外からやって来た、とするのだろう。どうして「土器は日本列島人の発明物だ」と言わないのだろう。奥ゆかしさも大概にしろと言いたい。

|

« 雄川流域散策(南大隅町・錦江町)(その1) | トップページ | 初詣(荒平天神) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雄川流域散策(南大隅町・錦江町)(その1) | トップページ | 初詣(荒平天神) »