« 安楽神社打植祭(志布志市安楽) | トップページ | 事代主神社打植祭(鹿屋市串良町) »

梅と日の出

3日続いた氷点下から、今日やっと解放された。

一ヶ月前から始めた庭での体操(ラジオ体操を自己流にアレンジ)も、今朝はちょっと楽だった。

 7時10分過ぎ、遠くの肝付三山から、日が昇り始めた。必ずしもすっきりとは晴れていない東の空だったが、庭の梅の間に上ってくるのは見ものだった。

梅はもう2週間以上開花を続けている。寒さにはめっぽう強いと、いつもながら感心する。

Cimg1633

画面左手の両こぶの山が国見山塊で、向かって右手はレーダー観測所のあるピーク。左のピークが高屋山上陵(ホホデミノミコト)伝承のある国見岳。

 画面右手の高まりの先には黒尊岳があり、さらに稜線をたどると、肝属山地最高峰の甫余志岳(968m)に至る。

Cimg1637

梅に鶯ならぬお天道様。ウグイスはまだ見ていない。メジロならもう3度ほど集団が庭を通過していった。

|

« 安楽神社打植祭(志布志市安楽) | トップページ | 事代主神社打植祭(鹿屋市串良町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安楽神社打植祭(志布志市安楽) | トップページ | 事代主神社打植祭(鹿屋市串良町) »