« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

おきん女供養碑(鹿屋市新生町)

 鹿屋市中心部の市役所の北は小高い丘になっており、一帯は中央公園として整備されている。0425okinkuyouhi_004_2

 その丘陵と西方の海上自衛隊基地のある台地との間を流れるのが「下谷川」で、鹿屋スイミング交差点から北へ走ると100メートルほどで左に小さな橋が見える。

 それを「中宮橋」と言い、橋を渡ると右側は薬局(山田薬品)で、突き当たりを右折すると30メートルで左へ上がる道がある。そこは市営「八之尾墓地」の入り口なのだが、そういった表示は無く、代わりに白い「新生配水池入り口」という道しるべが建っている。

0425okinkuyouhi_001  道しるべのすぐ上に、奇妙な形の碑が立つ。線香台には石球が乗り、それを挟むように円柱が二本立ち上がり、天辺には自然石が据えられて円状の刻みと「おきん女供養碑」との線刻がある。

 鹿屋市史によると、おきんとはこの一帯の「野間門(のま・かど)」という江戸時代の薩摩藩特有の農村集落の中の一農家の娘だが、絶世の美女だったようで、時の領主・島津久信(垂水島津家第4代=1585~1637)に見初められたが、断ったために惨殺されたという。0425okinkuyouhi_003

 何でも、怒り狂った久信はおきんを大甕に押し込めて中に蛇・ムカデなどを入れ、生きたまま近くの池(野間池=シラス台地下に湧く池)に投げ込んだそうだ。ひどい仕打ちをしたものだ。その後この地区には美女は生まれなくなったという話のオチがつくが、この碑は昭和37年(1962)に建立されているので、計算から言うと、350年ばかりの間このあたりでは美人はいなかったことになる(久信好みのタイプは生まれなかった――のだろう・・・)。

 碑の隣りには昭和3年に造られた観音像(安養寺沙門・徹厳の建立)も見守っている。

 ところで、久信は同じ市史によると「精神分裂症(現在は統合失調症)」ではなかったか0425okinkuyouhi_005 という。

 それより久信の行動は記紀に載る雄略天皇の残酷と武列天皇の暴虐を思わせるものがあり、多分に孫引き的な伝承のにおいがするのだが、しかし領主クラスのそういった粗暴な行為は無きにしも非ずで、その後久信は肝属川の上流に属する祓川に隠居(蟄居)させられ、その死は毒殺によるというから、本家でも持て余したと言うべきか。

久信についてはもう少し調べる必要がありそうだ。(最後の写真は「八之尾墓地」の頂上から北方の眺め)

| | コメント (0)

高千穂は何県か?

 平成20年1月17日に掲載した当ブログ「高千穂遠望」に対して、次のようなコメントを貰った。

   高千穂峰はどちらも宮崎県だ と。

 なるほど、高千穂町の高千穂も、霧島連山の高千穂峰もどちらも宮崎県にあるが、後者の高千穂峰は微妙だ。

 というのも確かに1594メートルのピーク自体は宮崎県都城市に属しているが、すぐ西側にある火口の御鉢は鹿児島県霧島市に属している。

 ピークだけを高千穂峰だとすれば、お説の通り両方とも宮崎県だ。

 だが、御鉢を含む山容全体を高千穂峰と考えれば(むしろこれが普通の山の捉え方だろう)鹿児島県に属しているとも言える。

 しかもブログでは、一方的に「霧島連峰の高千穂は宮崎ではなく鹿児島県に属している」などとは書いていない。高千穂町の高千穂に対して、「鹿児島側の」「鹿児島に近い方の」というニュアンスで書いたつもりだ。

 コメントはありがたく頂戴しておきたい。ただ欲を言えば内容についてのコメントが欲しかった。

 

| | コメント (0)

サツマイモの植え付け(笠之原台地)

0420karaimobatake_007

 早期水稲の田植えに遅れること2週間、いま笠之原台地ではサツマイモ(当地ではカライモと呼ぶ)の植え付けが最盛期を迎えようとしている。

 3反(900坪=3000㎡)ほどの広さのこの畑では、4人の人手で大わらわだ。0420karaimobatake_011

 サツマイモは前年に採れた芋のうち、親芋として何十キロかを残して霜にあわぬよう地中に埋めておき、3月の中旬以降、順次掘り出して苗床に伏せこみ、芽を出させる。

 我が家のすぐそばのハウスでは「紅さつま」「紅まさり」「ムラサキ」それに新品種だろうか「クイックスイート」などという洋風の洒落た名を付けた芋まで、いろいろな種類の芋の苗床がずらりと並び、苗取りを待っていた。0420karaimobatake_012

 およそ30センチほどの長さの苗が取れるようになれば、次々に切り取って100本位ずつの束にし、1~2日してから畑に持っていって植え付ける。

 切り取った後も、同じ芋から再び芋づるが伸びてくるから、また切り取って使う。一個の芋から3回は取れるので、3~40本になると思う。経済的だ。0420karaimobatake_010 

黄色いプラかご(コンテナという)の中に何束も入れて畑に持ち込み、黒ビニールで覆った畝の頂上に、40センチくらいの間隔に一本一本植え付けて行く。

 黒ビニールの被覆を「黒マルチ」といい、これは雑草対策になる。黒は光を通さないので芋苗の周りに雑草が生えにくいのだ。

 これに対して透明ビニールを張る場合もある。この場合は地温を上げるためで、雑草が少ない畑ならこの方が早く成長する(収穫時期も早まる)。0420karaimobatake_009 でも最近は透明マルチはほとんど見かけない。もっぱら黒マルチなのだが、そのわけは、除草剤を使わなくなったことにある。

 有機農業的な考え方が、どんな栽培にも浸透してきている証拠だろう。黒マルチなら真夏の除草の重労働から解放される。ビニールも最近ではリサイクルされるようになった。

 それにしても、二人の高齢女性の植え付けの早いこと、早いこと。ずっと中腰の続く作業。こっちは見ているだけで、腰が痺れて来そうだ。0420karaimobatake_006

 よくしたもので、この畑から100メートルほど行った所ではちょうど「マルチ張り」の真っ最中。

 老夫婦の共同作業の近くまで行くと、1反(300坪=1000㎡)ほどの畑を張り終えようとしているところだった。 あわててマルチ作業を撮影する。

0420karaimobatake_001  畑の端で老婦が黒ビニールの先端を土に埋め込み、両手でしっかりと押さえておく。

 老父の運転するトラクターがヂィーゼル音をたてながらゆっくりと前進する。するとあら不思議、土のかまぼこがぬうっと出来上がっていく。

 これぞ黒マルチの芋畝(うね)。つまり畝立て作業と、マルチ張り作業を同時にやってしまうのだ。

 これをもし別々にやるとしたら、1日の作業が3日になり腰を痛めること請け合いだ。かねては耕すのに使うトラクターも後ろに「畝立てマルチ張り」専用のアタッチメントを装着すれば、まったく違う作業をこんな老夫婦でも楽々とこなす。たいしたものだ。0420karaimobatake_004

笠之原台地南端のこのあたりも、5年前はあちこちに耕作放棄の畑があったのだが、焼酎ブームで芋不足になり、今は牧草畑以外、ほとんど芋畑として生き返った。

 かって薩摩藩はこのカライモのおかげで、江戸時代は飢饉知らずだった。いま世界中で食糧危機が叫ばれているが、カライモが再び世に仰がれる時代が来ないとも限らない。そうしたら農業がもう一段見直されるはず。それまで、いや、これからもずっとガンバレ農業。

 

| | コメント (0)

串良さくら温泉(鹿屋市串良町)

 4月1日、鹿屋市串良町の下小原(しもこばる)地区に温泉センターがオープンした。肝属地区1市4町共同の清掃工場の稼動によって発生する焼却熱を再利用したもので、地下1000メートルほどからの湧泉を加熱して0418sakuraonsen_017 いるという。

 鹿屋市新川町から、シラス台地の上を串良町下小原まで貫く「農免道路」があと2キロで串良川の平野部に降りようかという所、見渡す限りの牧草地帯のど真ん中にさくら温泉はある。

 (写真の奥の白い煙突が清掃工場、手前の2棟が温泉施設)

0418sakuraonsen_016 広い駐車場にとんがり屋根が特徴の建物だ。金曜日も午後の早い時間帯とあって、まだ入浴客は多くない。

  串良さくら温泉(串良温泉センター) 

 営業時間  午前7:00~午後10:00

 利用料金  大人  300円 (小学生 140円 以下は無料)

 休業日   毎月 第1・3月曜日 (その日が祝日の時は翌日)0418sakuraonsen_010

 泉質   ナトリウム(塩化物)炭酸水素塩温泉

 効能   神経痛・冷え性・筋肉痛・慢性婦人病・疲労回復0418sakuraonsen_008

 入館すると右手はゆったりとした広いロビーで、その奥には畳敷きの休憩室がある。

 券売機で券を買って支払い、中に向かうと鮮やかな暖簾が並んで掛かる。今日は右の棟が男湯で、和風の造りだそうだ。 そのほかの違いはサウナに「ミストサウナ」(水蒸気たっぷり)のあるなしだが、それは洋風の方にある。

0418sakuraonsen_001  窓際に広々と構える大浴槽の壁には、なるほど「さくら」の壁画が見えた。

 もう少し奮発して、壁一面にドーンとあればいいのにと思ったが、予算が間に合わなかったのか、ちょっと残念。

 それより、左のガラス越しに「肝付三山」が見えるのには感激した。0418sakuraonsen_003 どんな大壁画も実物にはかなうまい。 (写真は外の露天風呂のイスの上に乗って撮った)

 お湯はややぬるっとした感じで、確かに炭酸水素泉だろう。肌触りは至極良い。これから串良町に美人が増えていくかもしれない。

    

| | コメント (0)

新築なった中津神社(鹿屋市高隈町)

 大隅史談会会誌の寄稿者に高隈町の人がいて、出来立ての会誌51号を届ける。

 お宅を目指す道順に「中津神社」がある。去年の九月頃、高隈を流れる串良川の流域を訪ねて回った時に神社に立ち寄ったところ、ちょうど拝殿の改修中だったが、2月に行われる「カギ引き祭り」の前までには竣工すると聞いていた。

 ここのカギ引き祭りには来るつもりだったが、当日は志布志にも祭りがあってそっちの方に行っていた。で、今日初めて、竣工なったお宮を訪れたことになる。0412nakatujinja_001

 いぶし銀の粘土瓦に、白木も清々しい装いに改まっていた。

 改修奉賛の氏子総代は、同じ高隈町といっても、シラス台地の上で茶業を営むA氏で、氏は中津神社をはじめ町内各地に残されている石碑や古文書を収攬する本を上梓もしている篤志家だ。

 (「笠野原開発資料館」を建てて公開もしておられる。)

0412nakatujinja_002  向かって右にある手水舎や社務所まで立派になっていた。

 全体として高隈という山里の周辺にマッチしていて、落ち着きを得られる場所になったようだ。

 来年は是非またカギ引き祭りの時に来たいものだ。0412nakatujinja_006

 鳥居をくぐり、階段を上がり切ったところからは 高隈山系が望まれる。

 中津神社は祭神が「ナカツワタツミノ命」で、安曇族の奉祭する住吉三神の一柱だ(他はウワツワタツミ、ソコツワタツミ)。神社の由来は南北朝時代の正平年間(1346~1370)の肝付氏による創建まで遡れるというが、詳しいことは不明。

 江戸初期なら改築の棟札が残っているから、確実に言えるのは400年は鎮座しているだろうということらしい。カギ引き祭りも、そこまで遡れる可能性は高いともいう。

何にしても面白いのは、こんな山里に海神が祭られていることだ。いわゆる民俗学で言う「海人(あま)の陸(おか)上がり」だろうか。それならなぜそうなったのか、理由があるはずだ。おいおい調べることにしよう。

| | コメント (0)

大隅史談会会報『大隅』51号を発行

 昨年の11月に役員による編集会議を行い、10日過ぎに印刷会社に依頼していた会誌『大隅』第51号が、4月8日に完成を見た。

 論文等を寄稿したのは21名(故人を含む)、延べテーマ28編、特集1をあわせて、総ページ222ページという体裁に仕上がっている。今度の特集は「大隅地域の文化財」「大隅地域の遺跡」である。

 年々歳々寄稿者の高齢化は進むが、今回も80歳を超える方々が変わらぬ健筆をふるい、中には三篇をものされた人もいて、こと歴史に関しては高齢化=向劣化ではなさそうだ。ますますのご健勝を願いたい。

表紙の写真は平成18年夏、曽於郡大崎町の神領古墳群の中の「10号墳(前方後円墳)」の西側地点から発掘された『武人埴輪』。いわゆる関東系の武人埴輪がのっぺりとしているのに対して、それより1世紀も早く作られていながら、このリアルさは脱帽ものだ(発掘者:鹿児島大学総合研究博物館 准教授 橋本達也氏)。0412nakatujinja_007_3

 『大隅』51号の販売

 定価 2200円

 送料  290円

 詳しくはこちら

| | コメント (2)

しつけとおしつけ

 しつけとは(和製漢字だが)「躾」と書き、もともとは衣類を仕立てる時の「仕付け(糸)」のことで、子供を仕立てる(育てる)際に必要な「定点」だったはず。

 「だった」と過去形にしたのは、近頃とみにこの「定点」が、ぶれて来てしまっていると思うからである。

 その最たるものがしつけならぬ「おしつけ」だ。別に幼稚園や小学校の「お受験」に倣ったわけではなく、この場合は全く別の言葉、つまり「押し付け」のこと。

 たいていオヤジが子供のしつけに口を挟むと、「おしつけ」になる。というのも、一般的に言ってオヤジの方が社会歴は長く、それだけ多くの浮き沈み・毀誉褒貶の事例を見てきているので、ついつい先走ってしまうのだろう。つまり待てないのだ。子供がゆっくり子供として必要な時を過ごす――なんてことは見ているだけで、もどかしく目に映ってしまうのだろう。こんなんじゃ、一人前の大人にはなれぬ。世間に通用せぬ、とか何とか・・・。

 そこへ持って来て、もしオヤジが(オフクロの場合もあるが)子供の頃、成績が良かったり、身体能力が優れていたりしたら大変だ。「何だ、この成績は!何だこのざまは!」ともどかしさを通り越して、叱咤激励に励むことになる。それも激励ならまだいいが、「これでは駄目だ!」と叱咤のダメ押しだ。

 いやはや、子供の立つ瀬はない。人格の否定だ。だから子供はふてくされて何もやらなくなるか、暴発する。

 子供が育つ道理というものがある。一言でいえば「一人前の子供に育てる」ことだ。こう書くと「一人前の大人」の誤りだろうと思われるかもしれない。

 言いたいことは、誰も大人になる前は子供だったということ、つまり、子供時代には子供らしい体験が必要だということで、乳児には乳児体験、幼児には幼児体験、少年には少年体験・・・というように、それぞれの人生ステージに見合った育てられかたをして初めて一人前の大人に育っていく(巣立っていく)。

 前にも書いたが、小学校の学習が十分でなければ、中学校で苦労し、中学校の学習が十分でなければ、高校で難儀をする――というのと同じだろう。子供の心もその通り。

 子育てには原理(道理)はあるが、マニュアルはない。だからつい世間的な評価を導入することになる。それも時にはある程度必要だが、世間に当てはめすぎては肝腎かなめのの子供が見えなくなってしまう。本末転倒だ。わが子といえども「子供には子供の世界があってこそ、大人になって行く」。

 これを「定点」とし、愛情をもって見守りつつ、子供を「一人前の子供」に育てよう。決して大人の世間的評価で「おしつけ(押し付け)」ぬように。

 

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »