« 中世史研究会で発表(鹿児島市) | トップページ | 菱田川流域散策(その一) »

頼むから辞めてくれ朝青龍

大相撲5月場所最後の大一番――と期待したのがいけなかったのか・・・。

なんとも後味の悪い勝負だった。Yokodunanoniramiai (写真はyahoo!スポーツより転載)

 取組み後のビデオを何度見ても、朝青龍が、手を付いて四つんばいになったあとの白鳳を、ムキニなって「コノヤロウ」と両手で押そうとしているのは明らかだ。

 その直後、白鳳も「何をするんだ、こっちはもう両手を付いているじゃないか」とばかり、立ち上がると同時に朝青龍を右肩で譴責した。

 それだけを相撲協会の北の湖理事長は取り上げ、白鳳に「横綱としての品位を保つように」と注意したという。 

 アホか――と思ったのは私だけではあるまい。

 喧嘩両成敗ならまだしも、これでは納得がいかぬ。

 だいたい天下の横綱の取り組みだったら「がっぷり四つになってなんぼ」だろう。まして千秋楽の最後を飾る大一番なのだ。勝負の美学というものがあるではないか。

 もう朝青龍は辞めて欲しい。あんなの横綱でもなんでもない。勝って金が欲しいだけにしか見えぬ。

 同時に、北の湖理事長も辞めるべきだ。朝青龍の「仮病事件」や「時津風部屋力士リンチ死事件」でも、後手後手に回るだけでうやむやに済まそうとして、何の責任も取っていない。

 早く「国技法」を制定して、ゴチゴチの「伝統的・美学的・勝敗二の次的」大相撲に立ち返るべきだ。

 ハワイ系のあの「巨漢主義」も大相撲に大きなしこりを残したが、今度の「モンゴル拝金主義」も要らぬ。

 そういうのが好きな手合いには「国際大相撲協会」を別途作って対応したらよかろう。国際貢献になる。

 天武天皇11年(682)秋7月3日、はるばる南九州から朝貢してきた隼人が

   「この日、大隅の隼人、阿多の隼人とが朝廷において相撲をとる。大隅の隼人勝ちぬ」

 と「日本書紀」に記述されているほど古い「相撲」。

 勝ったからといって、褒美を貰ったとは書かれず、それどころか同じ7月の27日に

   「隼人らを、飛鳥寺の西に饗す(もてなす)。種々の楽を発す(舞楽を演奏する)。よりて禄を賜うこ       と、おのおの差あり」

 とあって、相撲よりも舞楽の方を重んじ、これには褒美を与えている。

 1326年前にすでにあった「勝ち負けのことより、皆がひとつになれる楽のほうが上」という美学を忘れ果ててしまった今日の体たらくはナサケナイ。天武天皇も泣いている。隼人も泣いている。

    

|

« 中世史研究会で発表(鹿児島市) | トップページ | 菱田川流域散策(その一) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中世史研究会で発表(鹿児島市) | トップページ | 菱田川流域散策(その一) »