« アジサイとビータロウ | トップページ | 菱田川流域散策(その二) »

玉泉寺跡の花菖蒲

Cimg2196 先日、仕事の途中で立ち寄った鹿屋市吾平町中福良の玉泉寺公園。

 久しぶりに中に入って、あっとおどろいた。目が覚めるとはこのことだろう。

 白の花菖蒲をメインに、入り口に近い池を挟んで数千株はあると思われる。Cimg2195

説明板によると、玉泉寺は今を去ること613年の昔の応永2年(1395)に、下野国(しもつけのくに)にあった「泉渓寺(せんけいじ)」(曹洞宗)の末寺として建立された。

 だが、ご多聞にもれず、明治の徹底した廃仏毀釈により、悉くが壊滅の憂き目に遭っている。

Cimg2192  玉泉寺の名の起こりは、シラス台地の下から湧き出る豊富な地下水による。

 写真の中央の丸い石の左手奥から、とうとうと流れ出す水は、清らかでまろやかだ。

 手ですくって飲んでみたが、美味い!

 Cimg2193

 泉は小川となり、下手に池を造り、庭園となって花菖蒲や藤の古木を育てた。Cimg2185

|

« アジサイとビータロウ | トップページ | 菱田川流域散策(その二) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジサイとビータロウ | トップページ | 菱田川流域散策(その二) »