« 米とサツマイモ(鹿屋市池園地区・獅子目地区) | トップページ | サトイモの収穫風景 »

山路にオニユリ

Cimg2394  山路といわず、里といわず、また海岸近くまで、今、オニユリがそこここで咲いている。

 葉の付け根に「むかご」という実(種子)を付けるのがオニユリで、付けないのが「コオニユリ」だそうだが、ちょっと目には区別がつかない。

 Cimg2373

それにしても、どうしてこんなオレンジ色のそうどぎつくもない百合を称して「鬼」などと名付けたものか。

 確かに緑一色の中では目立ちすぎる。

 また、そっくり返った花びらが、普通の白い清楚な百合よりは、こまっしゃくれたお姉さんのように目に映る。Cimg2372

 クロアゲハがその蜜の愛好家なのも、そんな印象を深くするのかもしれない。

 でも、今は咲く花の少なくなった山里の路傍に、すうっと立ち上がって咲いているオニユリは、心を少し浮き立たせてくれる。

 

|

« 米とサツマイモ(鹿屋市池園地区・獅子目地区) | トップページ | サトイモの収穫風景 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米とサツマイモ(鹿屋市池園地区・獅子目地区) | トップページ | サトイモの収穫風景 »