« 八月踊り(肝属郡肝付町高山本町) | トップページ | 収穫の秋(鹿屋市池園町) »

バクチ金融の破綻

 経済や金融など全くの素人だが、その素人目で見てもアメリカの金融危機は行くべきところへ行ったとしか思えない。

 サブプライムローンと言うのも分かりにくいが、要するにこれまでだったらローンを組めない所得層や借金を抱えている人たちに「貸してやるから家を建てなさい」と言って、ローン契約をさせたが、担保である住宅(土地も?)の値上がりがしなかったために担保価値が下がって、ついに破産(抵当流れ)してしまった、ということか。

 こんなのは国が政策的にやるはずのものだが(日本ではそうだろうと思う)、そこは「自由主義経済の総本山アメリカ」のことだから、規制なしに何でもかんでも業界にやらせた。

かれら金融投資業者にしてみれば、サブだろうが何だろうが要するにローンを組むことで金が流れ込んでくればしめたもので、あとは巨大な資金をどう回して利ざやを稼ぐか、で、売り抜けたあとはどうなろうと構わない。ヘッジファンド(マネーゲーム)の通ったあとは草も生えなくなる。

 といって金を借りて家を建てた一般的アメリカ人の考え方もいまいち分からない。「住宅が値上がりしたら、売り払ってローンを返し?、その差額が儲けになる」というのだそうだが、そもそも一度住んだ住宅が値上がりするものなのか、住めば即中古住宅になり、普通は値下がりするはずではないか。土地の値上がり――というのであれば日本人としては理解できないこともないが・・・。

 いずれにしてもアメリカの経済はいびつすぎる。

 日本はアメリカに輸出するばかりで、製品を買わない(原材料なら小麦・大豆・とうもろこしと相当買っている。武器・兵器も)と言われるが、そもそもアメリカが製造業に力を入れず、安い製品を世界中から買いまくって済ませているからだ。巨大なコストの割には利益率の低い製造業より、手っ取り早く稼げる金融に走ってしまっているからだ。

 その貿易赤字は相当なものなのに、金融と多国籍企業の存在がなんとか均衡を保たせているのが実情で、それというのもアメリカが決済通貨のドルを握り、これに基づいた「アメリカ国債」をどんどん発行して相手国に買わせることが可能だからだろう。こんなことがいつまで続くものやら、ヨーロッパ諸国ではもう見放し始めているとも聞く。

 おもえば、アメリカで強いのは生産では農業、経済では金融だ。しかし今回の金融危機は一つの壁が崩れたことを示している。農業も温暖化の影響によっては崩れる可能性がある。

 そうなると残るのは「自由主義総本山アメリカ」という信仰にも似た主義主張と、それを世界に流布するという使命感と軍事力そしてそれに関連した産業しかない。クワバラ、クワバラ、こんなアメリカのやり方に付いて行くなよタローさん。

|

« 八月踊り(肝属郡肝付町高山本町) | トップページ | 収穫の秋(鹿屋市池園町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八月踊り(肝属郡肝付町高山本町) | トップページ | 収穫の秋(鹿屋市池園町) »