« 誰が首相になっても・・・ | トップページ | 謎の地名「中福良」考 »

幻の大滝(錦江町田代川原)

今朝、所用で田代川原地区に出かけたその帰り道。裏通りの雄川発電所取水口のある事務所の近くを通ったら、それとおぼしき水煙が上がっていた。

 しめた、と思い、取水口近くまで行くも、そこは金網があるうえ、そもそも滝の落ち口なのだから見えるわけがない。

 「今回もダメか」とあきらめかかったが、道路の一角に崩れた跡があり、そこから恐る恐る入ってみると、何とすり鉢状に土砂が滑り落ちていたため視界をさえぎる木立がなく、念願の滝を目の当たりにすることができた(良い子の皆は真似しないでね)。1228ogawanotakitonakafukura_002

いやはやうれしかった。なにしろ田代には足掛け8年住み、3度か4度はウォッチを試みたのだが、どうしても滝つぼの一部しか見ることができず、すっかり諦めていたのだった。

 農免道路という高規格の農業用産業道路があって、この雄川には、滝の1キロ余り下流にその名も「滝見大橋」が架かっているのだが、実はそこからは滝は見えない(人騒がせな名称だ)。1228ogawanotakitonakafukura_003

向かって右手の絶壁の下の方からも小滝が幾筋も落ちているのが見える。滝つぼはかなり広い。

 本滝は一番左のどうどうと落ちている一本なのだろうが、あいにく半分から上は溝が深いのと、手前に木立があるので隠れてしまっている。だが、向こうの二筋の滝とたぶん高さは同じのはず。

 それで勘案すると、雄川ノ滝は高さ40~50メートルほどで、3本の滝に分かれて落ちていることになる。

 仮に滝の全容が見えたとしても、発電に使う水量が多ければこんな勢いのある姿を現すことはなかっただろう。今この時期は発電用の取水量が少ないのだろうか。原油の大幅な値下がりで、火力発電の方がうんと安上がりになったのかもしれない。

 それにしてもラッキーと言うほかない。

 

|

« 誰が首相になっても・・・ | トップページ | 謎の地名「中福良」考 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

 いや~、私もこの写真がみられてラッキーでした。私も何度もトライしたのですが見ることができず、滝の下の方からなら見られるかも知れないと思って、今度やってみようと思っておりました。

投稿: わん | 2008年12月28日 (日) 13時06分

こんにちは、はじめまして
鹿児島の滝の写真を集めているモノです、
以前、姶良川上流の滝の情報をこのブログから頂いたことがあります。
雄川の滝は、下流から遊歩道で滝壺まで行けますよ。
ただし、この写真の様に水量が多い時期は近づけないと思われますけど・・・

投稿: ぼさのば | 2009年1月26日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰が首相になっても・・・ | トップページ | 謎の地名「中福良」考 »