« 森永卓郎講演会(09.2.05鹿屋市リナシティホール) | トップページ | 鹿児島神宮初午祭(霧島市隼人町) »

ミュージカル『ヒメとヒコ』(鹿屋市リナシティホール)

2月14日バレンタインデー、鹿屋市リナシティで高校生による『ヒメとヒコ』というミュージカルが開催され、見に行く機会があった。

「素晴しい」のひとことだった。214himetohiko_001

どうせ高校生のやることだから――と高を括って見に行ったのが恥ずかしかった。

 予想の3倍は面白かった。

 生演奏も、舞踏も、台詞も、そして照明も、堂に行っていた。

 作・演出の松永太郎氏は鹿屋高校出身。生演奏の唄者兼ギタリストでもあった。214himetohiko_003

 鹿屋女子高、志布志高、国分中央高校の合計50名近い出演者たちは、半年以上の訓練を経て舞台に上がっているという。

 大隅の古墳の主も喜んだであろう見事なミュージカルに仕上がっていた。

 仕事場の関係で2000円也の前売り券を買った(買わされた)のだが、6000円分楽しめたな。

 フィナーレの挨拶で、松永太郎氏は

 「大隅発の大隅でしか作れないこのミュージカルを、大隅回帰・見直し・発展につなげていきたいと思います」

 などと言っていた。次回、さらなる進化を楽しみにしたい。

 

|

« 森永卓郎講演会(09.2.05鹿屋市リナシティホール) | トップページ | 鹿児島神宮初午祭(霧島市隼人町) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森永卓郎講演会(09.2.05鹿屋市リナシティホール) | トップページ | 鹿児島神宮初午祭(霧島市隼人町) »