« バラク・オバマと神武東征 | トップページ | 桜咲く(鹿屋市中央公園=新生町・向江町) »

オオバベニガシワ(2)

325akamegasiwa_003_2 オオバベニガシワの葉が、二週間経ってほんのりと淡い緑色を呈してきた。

 生まれたての「赤子」から「嬰児(みどりご)」へと成長したようだ。

 今日は天気が良いが風はかなり吹く。街の中を通ると、ほとんどの桜が満開に近い。この強い風でせっかくの花びらが散ってしまわないか気がかりだ。

人間様のそんな心配をよそに、我が家の老犬ビータロー(15歳)は文字通りどこ吹く風だ。325akamegasiwa_001

ただ、最近になって、時に寝そべりながら耳から頭へと腕(?前足)でかなり激しくかきむしる動作を繰り返すようになった。

 たぶん・・・耳鳴りがするのだろう。耳が遠くなってきているのは事実だ。単車でブルブル音を言わせて帰ってきても気付かないことがある(役立たずじゃ・・・)。

 飼い主も5年ほど前から耳鳴りがし始め、最初は後頭部に何かセミでもひっ付いたのかと思い、うっかり手を当てることがあったから、飼い犬も同類(同病?)の現象に襲われているに違いない。・・・でも、食欲は旺盛だ。長生きしろよ。

|

« バラク・オバマと神武東征 | トップページ | 桜咲く(鹿屋市中央公園=新生町・向江町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラク・オバマと神武東征 | トップページ | 桜咲く(鹿屋市中央公園=新生町・向江町) »