« 孕み女と「うない」(求菩提山・国玉神社) | トップページ | 普通作の田植え(鹿屋市高隅町) »

今一度せんたくいたし度く候(坂本竜馬)

天気がよい。ビータローがくさい。・・・で、日本をではなく、ビータローを「せんたくいたし度く候」。

 我が家の愛犬ビータローは3年前に「けなえ」(鹿児島弁で身体のマヒのこと)そうになり、ために毎朝の散歩を廃したのだが、おかげで草むらに顔を突っ込むことから解放されて、草むらに多い「ダニ」が身体に着くことがなくなった。

 あれから3年、犬の歳では18年が過ぎ、ようやく老境を迎えた今日この頃、毎日が寝たり起きたりの「日々是れ好日」を過ごしている。

いつもなら4月中旬には一回目の「せんたく」をしていたのだが、今年はほとんど「日々是れ好日」のせいで身体のよごれが少なく、ほったらかしにしておいた。だが、この一週間ばかり、餌をやるついでに顔を近づけて匂いをかぐと、結構な香りを発散するようになった。

 で、「せんたくいたし度く候」と相成った次第。531bitarouno_001

5,6年前だったら、風呂場につれてくるなり、ここを出してくれ、とばかり慌てふためいていたのだが、寄る年並みには勝てぬのだろう、神妙にかしこまった。531bitarouno_002

白湯でたっぷり下洗いしたあと、今度は犬猫用のシャンプーで洗う。

 このときも観念したようにおとなしい。531bitarouno_003

ちょうど春の抜け毛(衣替え)のシーズンとあって、ずいぶん抜け落ちている。

 ご主人様のざっと一年分は抜けているだろう。531bitarouno_004

庭の日当たりのよいところでビータローを「乾かす」。

 以前なら何度もブルブルをして身体の水分を弾き飛ばしていたのだが、後ろ足がおぼつかないせいでほとんどできなかった。531bitarouno_005

満16歳を迎える今年、人間で言えば百歳に突入だ。

 世界最高齢の犬は満21歳(人間の146歳)のアメリカの犬だそうだが、あと五年に迫ったな。

 頑張るか?ビータロー。

 え? 頑張るから、うまい物を食わしてくれ、だって!

 いや、粗食に腹八分目が長寿の秘訣だろ?

――そうは言ってもねえ。531bitarouno_006

おいおい、セロシアは敷き布団じゃないぞ。

――ちょっとくらいいいじゃん。このさき長くないんだしさ・・・。

 まあ、いいか。長生きしろよ、ビータロー。

|

« 孕み女と「うない」(求菩提山・国玉神社) | トップページ | 普通作の田植え(鹿屋市高隅町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孕み女と「うない」(求菩提山・国玉神社) | トップページ | 普通作の田植え(鹿屋市高隅町) »