« 皆既日食フィーバー | トップページ | 「戻り梅雨」明けの予感・・・? »

明けない梅雨?

7月12日の梅雨明け宣言後、まずまずの順調な夏空が続いたが、肝腎の皆既日食の22日が曇天となり、次の日は晴れに戻したものの、それからはずっとぐずついた天気となっている。

 今朝は明け方から降り始め、9時半を回った頃、雷とともに結構強い雨が降った。726akenaituyu_004

玄関先に出てみると、タイルは水を打ったように濡れ、植木鉢には水が溜まり始めていた。

 今年の梅雨は空梅雨で、傘を差さなければならない日が3日程度しかなかったが、梅雨明け宣言後、2週間で梅雨の期間(6月10日~7月12日)の降水量に匹敵してしまったのではないかと思う。

 このことも異変だが、九州北部や瀬戸内地方ではもっと大変なことが起こっている。

 梅雨末期の集中豪雨が21日から各地を襲い、もう死者が15人ほどになったろうか、まるで鹿児島のことわざ<人がケシまんと、ナゲシは上がらん>そのままだ。(ケシは「け死」で、「け」は強調の接頭語。ナゲシは梅雨のこと)

 一昔前まで、このことわざは鹿児島では事実として生きていたのだが、ここ4,5年、梅雨末期の豪雨現象は確実に北上したようで、九州北部や中国地方にその領域を移している。

  ――「今まで生きてきて、あんなにすごい雨は初めてだった」

 山口県防府市を襲った集中豪雨の被害者は、異口同音にそう言っている。

 それでも降り始めからの総雨量は300ミリ程度で、この位の量なら鹿児島では珍しいことではない。台風時の雨だと日量800ミリなんて事もあった。シラス台地は雨に弱そうだが、照葉樹林さえ生えていれば、そうもろく崩れることはない。

 要は「降られ慣れ」していない地域だったということだろう。ために役場の防災情報(避難勧告や命令)も後手後手に回り、被害をいっそう大きくしたようだ。

 梅雨末期の豪雨前線が北上したあと、すぐに消えて行かない理由は、どうも「太平洋高気圧が弱い」ためらしい。強ければ鹿児島あたりで、南下する大陸の気団と激しく一戦を交えて<人をケシました>あと、ただちに北へ張り出して梅雨前線を雲散霧消させるはずだが、弱いために大陸気団を北方へ押し切れないでいるのだろう。中国地方あたりで梅雨前線はまだもたもたしているような塩梅だ。

 それにしても、こちらは昨日今日と梅雨のぶり返しのような天気。

 平成5年のようにならなければよいが・・・

 平成5年8月6日はそれまで梅雨のように降っていた雨が、その前日から6日にかけて、時間雨量で100ミリを超え、日間雨量では1000ミリ位まで降り込んで、鹿児島市内を流れる「甲突川(こうつきがわ)」に洪水をひき起こした。そして何と、伊敷(いしき)地区を通る国道3号線が川になり、そこで人が溺れ死んでいる(!)。

 また、幕末を中心に造られた「五大石橋」がほとんど流されるか破壊され、奇跡的に無傷で残った「西田橋」(城下へ出るときの参勤交代橋)も、災害復旧工事と今後の防災のために移設を余儀なくされた。いわゆる「激特」(激甚災害復興特別工事)問題として、その是か非かが、その後半年以上も新聞紙面を賑わしていた。

 さて、その同じ平成5年の夏に、自分たち一家は肝属郡田代町の大原地区に農業をしに移住したのだが、来る日も来る日も雨模様で、早期米の収量が60パーセント作(6分作)という前代未聞の大凶作だったと聞いて驚いたものだ。

 平成5年夏の雨天の極めツケが、9月3日に襲来した台風13号であった。未明から強い風になり、朝10時頃になると立てた雨戸がきしむほどになった。こりゃ、もう避難しなければ―と思い、荷物をと思う間もなく、一枚の雨戸が吹き飛ばされ、あわてて小学2年生の長男・幼稚園の長女の手を引き、妻とまずはすぐ上の家に避難した。

 ところが、その家でも玄関口の明かり採りのガラスが強風で割られ、それどころではなくなり、隣家の家人と一緒になって近くの大原小学校に急いで避難したのであった。だが、小学校でも既に避難してきた人たちの休んでいる体育館の屋根がめくれ上がり、雨風が吹き込むようになり、移動した挙句、結局、校舎の廊下で一晩過ごす羽目になった。

 あくる日は惨憺たる有り様―。集落で屋根の無事だった家を探すのが大変なくらいで、応急のブルーシートがかぶされつつあった。自分たちの借家もやはり屋根に穴が開いていたので、応急の手当てをしたが、それよりも驚いたのが納屋の倒壊だった。中にあった古い道具・器具・冷蔵庫・洗濯機などはガラクタになり、すべて処分。また納屋とはいえ太い柱は片付けるのに一苦労だった。

 この13号台風、雨がさほど降らなかったのは幸いだったが、なにしろ風の強さは半端ではなく、役場の風速計は「78m」を指して吹っ切れていた、と後日、役場の人に聞いた。気圧はたしか920ミリバールを下回っていたはず。もう二度とあんな台風には来て欲しくないものだ。

|

« 皆既日食フィーバー | トップページ | 「戻り梅雨」明けの予感・・・? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはようございます。
大阪は梅雨明けにもならず、昨夜は凄い大雨でした。
あっちこっちで水害が出てお亡くなりなってる方もあるとか
鹿児島はいかがですか?

メールにホームページのアドレス((φ(~∇~*)カキカキしてなくて
(゚人゚)(-人-)ゴメンネ
後ですぐ返信しておりましたが届いてるでしょうか?

これからが暑さ本番です。
どうか夏ばてなさらないように気をつけてお過ごし下さいね。
時間がありましたらキコのところにも足跡残して下さいね。
│出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪heart04

投稿: キコ | 2009年7月27日 (月) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皆既日食フィーバー | トップページ | 「戻り梅雨」明けの予感・・・? »