« 広島・長崎原爆忌 | トップページ | 瀬戸内の豪雨・東海の地震 »

浜田海水浴場(鹿屋市浜田町)

台湾へ上陸した台風8号の遠い影響か、日が差したり曇ったり、今にも雨が降り出しそうになったりと妙な天気だ。湿度が高いので、家の中で少し動いても汗をかく。

 昼飯に残り物のおかずでと思い、冷蔵庫を覗くと「なめこパック」があった。急になめこ汁が食べ(飲み)たくなり、高校野球をちらほら見ながら、鍋を用意して作ってみた。われながら「グー!」な出来栄えであった。

 しかしふうふう言いながら飲み終えると、汗だくになってしまった。それで高校野球の第一試合「常総学院対九州国際大付属」で、九州国際大付属が勝ったのを見届けてから、海水浴に行くことにした。

 浜田海水浴場は、わが家から15分ほどの錦江湾(鹿児島湾)沿いにある。

808hamadakaisuiyokujou_005

今では珍しい黒松が海岸に沿って2~300メートルは立ち並ぶ、昔なつかしい海水浴場だ。808hamadakaisuiyokujou_001

北の方の湾曲した部分には「高須海水浴場」もある。車で5分もあれば行ける。

 よく見ると、海に突き出た岬の付け根のはるか向こうに、桜島が望まれる。南岳の噴煙が頂上を覆っているようだ。808hamadakaisuiyokujou_003

西の薩摩半島に目をやると、開聞岳が美しい。

 その右の台形の島は指宿の「知林ヶ島」で、干潮時には砂州で陸続きになることで知られている。808hamadakaisuiyokujou_004

帰省客が多いのか、単に土曜日だからか、結構な人の出だ。5,60人はいるだろう。

 これで多い方、と聞いたら湘南ボーイは「ひったまがる」(驚く)に違いない。

 夏休みとはいえ、週日だったら、まず15,6人が関の山だ。

 一時間ばかり、泳いだり、ぷかぷか浮いたり、時には規制ブイ近くまで泳いできた子どもに注意したり、とすっかり汗もひいたところで、松林に上がった。湯加減(?)はちょうどよく、塩湯の冷泉に入ったような気分だ。

 帰りに浜田地区の田んぼ地帯を通ると、ちょうど脱穀をしている光景に出くわした。808hamadakaisuiyokujou_006

農家の人は知るまいが、この田園地帯、1000年以上昔は「潟湖(ラグーン)」だった。

 さっきの黒松の海岸が波よけとなるうえ、浅いので、船を係留するには絶好の場所だったのだ。

 ここで船を捨て、向こうの7~80メートルの丘を越えると、そこは「大姶良平野」であり、南北朝時代の攻防の城「大姶良城」が築かれていた。

 島津家第6代氏久(陸奥守)の居城であり、子の第7代元久はそこで生まれている。808hamadakaisuiyokujou_007

ハーベスター(脱穀機)を操る田んぼの主に聞くと「早期米の実入り(収量)はまずまず」とのこと。

 盆の帰省者には、さっそくこの新米がふるまわれることだろう。

|

« 広島・長崎原爆忌 | トップページ | 瀬戸内の豪雨・東海の地震 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島・長崎原爆忌 | トップページ | 瀬戸内の豪雨・東海の地震 »