« 三党合意を超えよ! | トップページ | カライモの収穫(鹿屋市下堀町) »

低すぎるクモの巣

ここ一週間くらいになるだろうか、コガネグモが馬鹿に低いところに巣を張っている。それも別々の場所に二匹・・・。

一匹は自転車・単車格納用パイプ車庫のシルバーテントの内側。912kumo_001

一回は巣を払ったのに、またすぐに作り直した。時間を計ったわけではないが、数時間後には「ここがあっしのショバでがんす」とばかり、再現していた。

 感心したので、もう払わないことにした。912kakashikumoimo_014

黄色と黒の縞模様の胴体、それと長い手足。結構、バランスが取れている。

 「加治木のクモ合戦」に連れて行くか・・・。

 もう一匹は畑のキュウリネットの下の方に作っている。912kumo_002

こっちのほうがグラマーだ。畑に飛んでくる虫のほうが、家の片隅のパイプテントの内側より多いにきまっている。912kakashikumoimo_018

やがてキュウリが伸びてきて、このコガネグモの巣を覆うかもしれないが、彼女はそれを承知で巣をかけたのか。とすればなかなかのクモだ。キュウリやその他の野菜を狙ってやって来る昆虫は一網打尽だろう。

 農薬を使わない家庭菜園にとっては強い味方だ。

 それにしても、この二匹。今までこんなに低い所に巣を張ったのは見たことがない。たいていは軒下か、樹木のやや低い所(と言っても人の背丈よりは高い)に作るのが普通のはず。

 よく「蜂が低い所に巣を作ると台風が近い」と言われるが、クモはどうなのか。

 クモに聞かないと分からない? その通り。

「よくぞ聞いてくれやした(オスだとこうだが、メスなら、よくぞ聞いてくんなました、か)。巣、巣とおっしゃいますが、あっしら(メス:わちきら)はこれを巣とは言いやしません。仕事に使う網(あみ=ネット)と言っておりやす(メス:おりんす)。したがいまして『蜂が低い所に巣を作ると』うんぬんとは根本的に違う現象でござんす。どうか安心して下され(メス:くんなまし)」

と言ったとか、言わなかったとか・・・。

 

|

« 三党合意を超えよ! | トップページ | カライモの収穫(鹿屋市下堀町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三党合意を超えよ! | トップページ | カライモの収穫(鹿屋市下堀町) »