« 日中共同歴史研究の発表の延期 | トップページ | 三党合意を超えよ! »

はたけに船(鹿屋市田淵町)

「わたりに船」とは聞いたことがあるが、「畑に船」なんて見たことも聞いたこともない。

それがあった。905hatakenifune_004

わが家の愛犬ビータローが元気な頃は、このあたりまで散歩をしたことがあったが、久しぶりに通ってみたら芋畑の一角に船が置いてあった。905hatakenifune_003

後ろに回ると、れっきとした漁船らしく「かきゆう丸」と書いてある。

 これから農作業に出かけようと一輪車に道具を積んでいるおばさんがいたので聞いてみると、この芋畑の持ち主が船を修理するためにここへ運んだらしい。

「それにしても、長く放ってあるヨナ。いつ修理するんじゃろかいち思ちょったば・・・」

 と、首をかしげていた。

 港の近くでは、よく庭先にこんな状態で置かれているのを目にすることはあるが、海から5キロは離れていて、しかも台地の上である。

「渡りに船」は万事好都合に行くことのたとえだが、「畑に船」は何だろう? よかったら考えてみてね。

|

« 日中共同歴史研究の発表の延期 | トップページ | 三党合意を超えよ! »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日中共同歴史研究の発表の延期 | トップページ | 三党合意を超えよ! »