« 鴨着く島(かもどくしま=肝属川河口) | トップページ | 崩れつつある「邪馬台国畿内説」 »

桜島の「屁」の臭い!

数日前のこと、朝、家内が庭へ野菜を採りに行って戻ってくるなり、

 「お父さん、何か臭うのよね」

―何が臭う?

 「硫黄みたいな臭いが・・・」

―う、・・・・・。(しまった!―しかし、何で?)

(まさか、そんなに鼻がいいとは思わなかったな・・・。)

 いつものように朝の6時半頃から「バーベル負荷付きラジオ体操」をしている。第一、第二と約10分間を、この12月で1年経過したのであるが(すごい!けれども、肝心の五十肩は治っていない)、体操の途中でよくあることだが、例のガスを噴出したのであった。

 ごく稀であるが、かなり臭いやつも出る。たいてい前の日に飲みすぎたり、ご馳走を食べ過ぎたりが原因だが、それでも、その朝は、放ってから5、6分は経っていたはずだ。

(それが、まだ、残っていたのかよ・・・)

 と、その時、「このごろ、よく同じ臭いがするんだわ」と家内。

―よくって、昨日もか?

 「うん}

―本当に?

 「うん」

(それは、変だ。昨日は断じてしていない!・・・ああ、そうか!)

―分かった。桜島だ!昨日はずい分降って、道路にうっすら積もっていたよ。灰の臭いだな。

 「なるほど、灰(へ)の臭いなんだ」

 家内も納得したようであった。(やれやれ、嫌疑は晴れたぞ)

 鹿児島弁では「灰(はい)」は「へ」と発音する。ちなみに「蠅(はえ)」も「へ」だ。

 桜島は今日もまた「屁(へ)」をこき、北西の風で大隅半島に「へ(灰)」を送り届けている。

|

« 鴨着く島(かもどくしま=肝属川河口) | トップページ | 崩れつつある「邪馬台国畿内説」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鴨着く島(かもどくしま=肝属川河口) | トップページ | 崩れつつある「邪馬台国畿内説」 »