« 浅田真央は銀! | トップページ | 庭の草刈り・ビータローの洗濯 »

チリの巨大地震

2月27日、チリ沖でマグニチュード8.9という大きな地震が発生。1960年の三陸大津波の再来かと危惧されたが、幸い、さほどの津波ではなかった。

 それにしても大地震が立て続けに起こっている。ついこの間の一月半ばには、同じアメリカ州の中央ハイチで、大地震のために20万人以上が犠牲になったばかりだ。あそこはマグニチュード7.0と小さ目だったが、首都のすぐ近くの浅い地層で発生したため、被害が甚大になってしまった。

 今度のは、詳しいデータは分からないが、死者は300人規模だと言われている。海底の深いところで起きたのだろうか。それならマグニチュードの巨大さにかかわらず、激震は避けられたのだろう。

 どちらにしても正確な情報はこれからだ。日本で50年前の大津波の悪夢の再現が無かったのは救いだった。

    閑話休題

 オオジシンかダイジシンか――前のハイチ地震の時も問題にしたが、ニュースでは「大地震」を「おおジシン」と読む。私は「ダイジシン」と読む。何故かというと「地震」に「大中小」の形容をした時、「中」は「なか」とは言わず「チュウ」と読むだろうし、「小」は「こ」と言わず「ショウ」と読むだろうからだ。「大」だけを訓読みで「おお」とし、「おおジシン」と読むのはおかしい。

 今日のニュースでは「チリで巨大地震が発生」と言っていた。この「巨大地震」は「キョダイジシン」とすべて「音読み」で読んでいる。つまり、地震の規模を区別するとき、

     小地震・・・ショウジシン(こジシンとは読まないだろう)

     中地震・・・チュウジシン(なかジシンとな読まないだろう)

     大地震・・・ダイジシン(ニュースでは、おおジシンと読んでいる)

    巨大地震・・・キョダイジシン(ニュースで、おお・おおジシンとは読んでいない)

 以上から、「大地震」だけ「おおジシン」と読むのはおかしいことが分かる。なぜ「ダイジシン」と読まないのか不思議でならない。

 序でに言うと「大地震」による大きな災害を「大震災」と書くが、もし「大地震」を「おおジシン」と読むとすると、これは「おおシンサイ」と読まなければならないが、これについては例外なく「ダイシンサイ」と言っている。一貫性がないではないか。

 皆さん、「大地震」は「ダイジシン」とちゃんと音で読むべし。

|

« 浅田真央は銀! | トップページ | 庭の草刈り・ビータローの洗濯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅田真央は銀! | トップページ | 庭の草刈り・ビータローの洗濯 »