« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

瀬戸山神社の春祭り(鹿屋市上祓川町)

旧暦三月四日は鹿屋市上祓川町にある瀬戸山神社の春祭が催される。今年は今日、3月28日の日曜日に行われた。

 旧暦の三月四日は、実は瀬戸山神社の本宮である御岳(高隈山地の名峰で1182m)に祀られている「立蔵権現」に参詣する日であり、昔は近隣の男女がその御岳をはじめ、高隈山系の七つの峰に登った(七嶽参り)ということが『三国名勝図会』に書いてある。

 いつしか「七嶽参り」はすたれ、里宮である瀬戸山神社で祭礼のみ続けられることになった。この祭に華を添えるのが祓川地域に伝承されている「棒踊り」である。昔は青年団が中心になって踊られたのだが、今は小中学生がそれを受け継いで踊られることになった。

 棒踊りは祓川地区の4ヶ所(西祓川・下祓川・祓川・上祓川)に伝えられており、それぞれに保存会が結成されて毎年の奉納踊りを行っている。

 今日は祓川地区の中心である祓川集落センターの準備の様子から見学することにした。22328setoyamajinjaharumaturi_001_3  9時頃、集落センターを覗くと、子どもたちが祭り衣装に着替えているところだった。22328setoyamajinjaharumaturi_006_3  着替え終わり、中でひととおり予行練習が行われたあと、センターの外に出て本格的に踊りが始まった。踊りの前に、子どもたちの踊りに対しての寄付(「金一封」)の主が読み上げられ、寄付主が披露されるたびに踊りが踊られるのは微笑ましかった。22328setoyamajinjaharumaturi_009_3 そのあと集落センターを出て徒歩で2キロほど北にある上祓川に向う。 ここの商店の駐車場には4ヶ所の棒踊りグループが落ち合い、いよいよ揃って瀬戸山神社へ向って歩いて行く。22328setoyamajinjaharumaturi_010_4 過疎で子どもが少なくなったとはいえ、これだけの人数の子どもたちが集まると、頼もしく見える。 22328setoyamajinjaharumaturi_011_3  歩くこと約1キロで瀬戸山神社の鳥居が見えてきた。22328setoyamajinjaharumaturi_012_2  鳥居の前で4ヶ所の棒踊りがそれぞれ奉納される。22328setoyamajinjaharumaturi_013_3 鳥居をくぐり、杉木立の中を瀬戸山神社の社殿を目指す。22328setoyamajinjaharumaturi_014  石段の真下で、再び踊りが奉納される。22328setoyamajinjaharumaturi_015 六十段余りの急な石段もあと少しで瀬戸山神社の社殿だ。22328setoyamajinjaharumaturi_017 社殿の前で神主のお祓いを受けた後、棒踊りを奉納する。これこそが本番の踊りである。22328setoyamajinjaharumaturi_020 社殿の周りでもう一度踊りを奉納したあと、石段を下り、かって神社の別当寺として伽藍を誇っていた「五代寺」の跡地に行き、そこでも踊りが踊られる。22328setoyamajinjaharumaturi_021_2廃仏毀釈で破壊された寺跡に残る仁王さんも、ぎょろりとした目で踊りを堪能したことだろう。

| | コメント (0)

吾平山陵の桜

北九州から帰省中の息子と彼女を吾平山陵に案内した。

 桜がどうかと気になっていたのだが、思いがけずほぼ満開だった。Airasanryounosakura_007  山の中腹の山桜がまだ白く咲いているのが見えるのだが、ここは盆地状で冷え込みが強いのだろうか、4分5分咲きを通り越して早くも満開を迎えている。時おり吹く風に、もうちらほらと花びらを舞わせている桜もある。Airasanryounosakura_004  川に泳ぐ錦鯉がまるで桜の花びらを餌と勘違いしているかのように、岸近くに寄って来ていた(本当は石段から人が餌を投げ入れているのだ)。Airasanryounosakura_005  久しぶりの青空に淡いピンクが映える。

 連休最後の休日とあって、人の出が多い。しかし、吾平山陵の洞窟陵まで足をのばす人は少ない。Airasanryounosakura_001  われわれ三人のほかには参拝者は見えない。川向こうの石の鳥居の奥が「吾平山陵」で、宮内庁書陵部が管理している。

 吾平山陵は正式には「吾平山上陵」だが、崖下の洞窟なので山上陵はおかしい。実際、こちらでは「サンリョウ」と呼び習わし、誰ひとり「サンジョウリョウ」とは言わない。

 『三国名勝図会』では地元の伝承を紹介していて、洞窟の中には二つの土まんじゅうがあるという。それがウガヤ尊とタマヨリヒメ夫婦の墓、との見立てである。祠も設けているそうだ。

 田代町(現・錦江町)の鵜戸野という所にも、これとそっくりの洞窟が、同じように清流の向こう側にあって、10年余り前に田代にいた頃、土地の人と秋祭りの一環でその洞窟に2回ほどお供え物をしに入ったことがある。

 やはり中には小さな祠が祀ってあった。その上、小さな土まんじゅうもあったが、それは洞窟内に住んでいるコウモリの糞が積もって出来たのだと言われたのを思い出した。

 洞窟が墓所とは一体どういうことだろうか。墓の主であるウガヤフキアエズノミコトは、天孫降臨神話(日向神話)の中でも異彩を放つ説話の持ち主である。おおすみ上代史謎解きのキーマンであるような気がする。

 

| | コメント (0)

最大級の黄砂到来

昨日から吹きだした西風が、今朝もまだ続いている。例の如く行っている6時半のダンベル付きラジオ体操も、かなりの風の中でやらざるを得なかった。

 いつも東を向いてやるのだが、もう春の彼岸を迎えて太陽の出るのも早くなっており、このところ朝日を浴びながら気分良く行っている。

 ところが、今朝は強烈な黄砂が飛来し、見渡す限り霞んでいたのである。太陽もご覧の通り。22321kousatobiitarou_001  まるで満月のようだ。太陽のすぐ下にあるはずの肝属山地の稜線もまったく見えない。昼のニュースで北部九州はじめ西日本各地が同じ黄砂に覆われているのを映していたが、近頃まれな黄砂現象という他ない。

 昼が過ぎ、2時を回った頃、ようやく黄砂は通り過ぎて行った。同じ東の方角を写すと22321kousatobiitarou_003  すっきりと晴れ渡っている。

 風はだいぶおさまったが、その代わり大陸の高気圧の張り出しで寒くなってきた。昨日は馬鹿陽気で23、4度あったのだが、夕方はまた暖房を入れる羽目になった。

 咲きかけたソメイヨシノも驚いていることだろう。

| | コメント (0)

「密約」はあった!

元外務省条約局長・東郷和彦氏がニュースで、沖縄施政権返還後にアメリカの核搭載船が沖縄に入港するのを認める内容の「密約」は存在したと述べ、さらに、そのような文書があったが「情報公開法」が成立した頃に破棄されたようだ、とも述べた。

 当のアメリカですでに沖縄への核持込みを行ったという文書が公開されているのに、対アメリカ戦敗の弱みによってアメリカに頭の上がらなかった自民党政権は、結局、事実を隠蔽しとおしたことになる。

 自民党政権で唯一、日本の主張を押し通したのは佐藤栄作首相だけで、1972年(昭和47年)に沖縄の施政権を日本に取り戻し、その功績でノーベル平和賞を授賞した。要するに昭和47年まで沖縄はアメリカの占領下にあったのだ。ノーベル賞委員会をはじめ、世界の良識ある考えは、日本にいつまでも戦勝国アメリカが占領し、単独で軍事基地を置いている状態は異常であり、その状況を打破した佐藤首相を高く評価した。だが、アメリカの占領政策の流れは施政権返還後にも根強く残存し、今日の基地問題に繋がっている。

 沖縄県民にしてみれば、早く出て行ってくれ、だ。現在の世界情勢から見て、かって沖縄について言われた「アジア防衛のキースト-ン」の役割は激減した。北方領土に居座っているロシアは共産主義をやめたし、相変わらず共産党政府が運営している中国だが、世界に門戸は開いている。自由な経済活動と消費に目覚めた両国民が、後戻りすることはないだろう。アメリカの望む自由貿易、自由な選挙による政権維持などは着実に根付いているのだ。

 つい最近、アメリカは沖縄全土を覆っていた「航空管制権」をやっと手放した。普天間基地返還の第一歩だろうか。それとも「辺野古移転計画」を推し進めるための政治的取引だろうか。

 冒頭で取り上げた東郷和彦・元外務省条約局長は、調べてみたら案の定、鹿児島出身の東郷茂徳元外務大臣の末裔(孫)だった。

 東郷茂徳は太平洋戦争開戦時点での外務大臣であり、終戦時の外務大臣も務めた外務官僚上がりの政治家である。戦後は東京裁判で戦犯として裁かれ、禁錮服役中に亡くなっている。開戦時に「無通告・奇襲」を主張する軍部に抗して、開戦通告を出すことを主張して認められたが、結局、駐米大使館には遅れて届けられ、対米通告が真珠湾奇襲攻撃の後になってしまい、そのことが東京裁判で外務大臣東郷の罪状に加えられるという悲劇の人でもあった。

 東郷は東市来町苗代川の出身で、秀吉の「朝鮮征伐」の時に島津氏が連れて来た朝鮮人陶工の末裔である。明治になって、父が鹿児島士族・東郷氏の株を買って本姓「朴氏」から改姓をした。造士館(旧制第七高校)から東京帝大、外務省と進んだ秀才で、奥さんはドイツ勤務中に相思相愛になったドイツ人だそうである。

 朝鮮(陶工の父)ー鹿児島(勉学)ー東京(学問)ーベルリン(勤務)、と戦前は結構国際色豊かで多彩な人材が多かった。また、秀才であれば門地にかかわらず、出世の道が開けていたことがしのばれる。これからの日本はどうなるだろうか。戦前は「欧米に追いつけ。植民地にはなるな」という、いわば「国是」があったが、今は薄れている。

 現政権民主党には是非とも「武装・永世中立」を国是として掲げてほしいものだ。今のアメリカ大統領オバマなら反対はしないだろう。中国も、ロシアも。ついでに国連の他の安全保障常任理事国イギリスもフランスも異議は唱えまい。

 この国是を前提として、米軍基地を返還させた上で、数箇所の基地を国連監視団に提供すればよい。それによる核査察・軍事力の公開で日本は非核であり、かつ他国を攻める意思のないことを認めさせるのだ。

 これを実現させたら、必ずやその首相は日本に二つ目のノーベル平和賞をもたらすに違いない。世界は日本のそうした強い意思を、待っている気がする。

 

| | コメント (0)

地域塾推進大会(鹿児島市黎明館にて)

3月16日、鹿児島の黎明館で「鹿児島地域塾推進大会」なるものがあり、仕事で行ってきた。地域塾とは、地域の青少年を育てる地域独自の取り組みを発展させていこうという主旨で設けられたもので、青少年育成の一環である。

 以前からあった「子ども会」「青少年育成会」がマンネリ化・形骸化していくのを見かねた県が、地域全体の取り組みとして公民館活動とも連携して維持発展させられないかという方策を打ち樹てようとしているようだ。

 オープニングに薩摩琵琶と天吹(てんぷく)の演奏が行われ、続いて優良地域塾の表彰があった。その中から二つの事例の発表があったが、志布志市有明町の「伊崎田サンデー広場」の活動は面白かった。毎月、公民館長を中心に行事を組み立てているのだが、月毎の取り組みの中心は小学校であったり、中学校であったり、保育園であったりして異年齢の混合で活動しているのだ。また伊崎田は「伊崎田相撲」「伊崎田神舞(白鳥神社)」「伊崎田和紙」など、特色ある地域の伝統が今に残っている地域でもある。

 発表のあと昼食を挟んで午後は鹿屋体育大学教授・児玉光雄氏の講演が行われた。テーマは<リーダーの条件>で、教授の専門分野であるスポーツ指導者論・スポーツ心理学をもとに歯切れの良い講演であった。Tiikijukukodama

 特に野球のイチローに関しては、その語録を収集し、解釈を施してリーダー論・育成論を展開している。著書も夥しいほどある。

 教授はイチローのような一流のアスリートになるための「モチベーター(動機)」は、結局は自己実現への願望が強いことだという。一般的にトップを目指すようになるには ①金銭報酬 ②地位報酬 ③裁量報酬 を得ようとするからだが、①から③の順に上質になって行く。ところがイチローほどになると、それらはすべてもう満たされているので、最終的に「自己実現」が最上質のモチベーターであるのだそうだ。

「自己実現」というと陳腐な響きがあるが、「金に囚われず、地位に囚われず、そして俺がやるいや彼がやる、という裁量権など関係なくやってしまう、やらざるを得ない」というレベルに達した時、本当の自己実現が得られるらしい。

 そんな話を聞いていると、何だか上方落語の「桂春団治」を思い出した。芸(落語)の向上が春団治の「自己実現」で、その向上の肥やしのためなら「女房を質に入れても」というような暮らしぶりだった。仕事に惚れこんでしまった男の生き様は、小気味良いものだ。迷いがなく、そしてブレもない。

 ――肝心のリーダー論。キーワード一言でいえば「人望」なんだそうだ。何だこれも陳腐だと思いがちだが、人望を得るにも、人知れない苦労と努力が必須になってくる。人知れぬ苦労を重ねたからこそ逆境の意味が分かり、たじろがずに対処できる。他人の苦境もお見通しの、話の分かる人物こそが人望あるリーダーになれるのである。306iwatsutsuji_006  民家の石垣越しに見かけたミツバツツジ。満開よりやや盛りは過ぎたが、葉より先に蓮華色の上品な花を咲かせる。鹿児島の早春の一景に、無くてはならない花。

| | コメント (0)

歴史散歩(鹿屋市打馬町・北田町など)

3月14日の日曜日、毎月第2日曜日にやっている「おおすみ歴史講座」の最終回ということで、講義を離れて鹿屋中心部を散策することにした。

 参加者9名で鹿屋市立図書館をスタート。まずは文化会館の裏にある「王子遺跡資料館」の見学から始めた。22314rekisisannpo_001   王子遺跡は昭和57年に鹿屋バイパス工事の最中に発見された弥生時代中期(2000年前)の遺跡で、矢羽透かし入りの高杯、壺や甕、鉄製のヤリガンナの遺物、それに棟持ち柱付建物などが出てきた。

 それまで大隅半島では弥生時代の遺跡は少ない上に、住居跡など確認されたこともなかったので、この王子遺跡の発見は一大センセーションを巻き起こした。ようやく大隅にも他地方と変わらぬ弥生人が生活していたことが、実物で確認(実証)されたのである。めでたし、めでたし。

 しかし弥生時代中期の遺跡は大隅半島ではこのほかに「城ヶ崎遺跡」(鹿屋市串良町)、山之口遺跡(錦江町大根占)などが著名だが、いずれもそれにつながる後期の遺物が見つからず、断絶している。これをどう考えるかだが、私見では桜島や開門岳の火山活動が非常に活発になり、水田稲作が不可能になってよそへ移住したのではないかと考えている。

 移住先はさまざまあろうが、畿内まで行ったとすればそれが「神武東征」のような説話に還元されたのかもしれない。臆測だが、捨てきれないでいる。22314rekisisannpo_002  次に西祓川の「地下式古墳群跡」(埋め戻されてまったく分からなくなっている)まで行った後、「和田井堰」に行く。ここはシラス台地末端の湧水池で、江戸の昔から付近は水田地帯であった。

 明治になってここから川東地区までの用水路が建設されている。昭和23年には用水路のコンクリート化が行われ、今日の姿が生まれている。写真の碑は平成十二年に新たな可動井堰の完成とともに付近一帯が公園化された記念碑である。22314rekisisannpo_003  鹿屋中心部のリナシティで3時の休憩を取ったあと、今度は南方面に足を延ばす。江戸時代からある旧道を行くと、右手に「安養寺」がある。安養寺は曹洞宗の禅寺で、廃仏毀釈で一度は壊滅したが、その後復興して今日も法要が営まる珍しい禅寺である。

 江戸時代に支配階級であった武士の菩提寺で、今でも多数の墓がある。かっての垂水島津家の4代目で鹿屋に隠居所をあてがわれて蟄居した島津久信の墓もあったが、すでに撤去されて垂水島津家墓地に移されている。 22314rekisisannpo_004  最後にたどり着いたのが「鹿屋城跡」で、写真の正面階段を二つ上がった所が「本丸跡」だ。

 鹿屋城は別名「亀鶴城」。鎌倉時代末期に串良院と鹿屋院地頭だった津野四郎兵衛が築城したとされている。代々肝付氏の支配する所であったが、天正8年(1580)に島津氏に敗れて阿多に移配された後は島津一族の伊集院忠棟が地頭として入り、町割を革新したという。しかし忠棟が都城領主に栄転し、これを危うんだ島津本家によって征伐されたあとは島津氏の直轄地になった。しかし、江戸時代に入ると「一国一城制」により取り壊されてしまった。

 本丸を取り巻くように「松尾城」「取添城」「大明城」などが台地の上にあり、かなりの規模の城だったことがうかがえる。写真の手前が「二の丸跡」だが、ここからは見晴らしが良い。

 以上、午後1時半から5時過ぎまでの正味3時間、9キロの歴史散歩は無事に終了。図書館までもどり、来年度の継続を約束して帰路についた。

| | コメント (0)

雪の高隈山

昨日は春の嵐だった。北西の風が強く、寒風に押されるように雪が舞った。・・・というより吹雪いた。

 道路を走っていると、昼過ぎだったが、強い風が吹き付けるそばから雪がころころころころと道路を舞って流れていった。初めて見る光景だ。雪国の吹雪を想わせた。

 翌日の今日、山には相当な雪が積もっただろうと、仕事場にデジカメを持って行き、出先で高隈山を撮影しようとわくわくしていた。Yukinotakakumatowadaizekikouen_001  先ずは朝一番で御岳(1182m)を撮影。白くなっているのがよく分かる。(鹿屋中央公園の体育館の脇から)Yukinotakakumatowadaizekikouen_002  次は鹿屋市の中心街から5キロほど西に行った小野原(おのばる)から見た御岳と左に妻岳(1156m)。やや白っぽくは感じられるが、すっきりしない。それもそのはず、昨日の北西風は雪も運んできたが、桜島火山灰も送って寄越した。そのため高隈山全体が灰に包まれている。Yukinotakakumatowadaizekikouen_010 昼から出かけた先は鹿屋市花岡町で、鹿屋で最も新しい高千穂公園から高隈連山を望んだが、見た目では雪をかぶっているかどうか分からなくなっていた。(右から御岳、妻岳、二子岳、平岳、横岳)Yukinotakakumatowadaizekikouen_011  同じ花岡町にある「木谷城跡」から高隈連山を望む。手前に見える一本の山桜が満開を過ぎて散り始めていた。

 木谷城は「鶴羽城」ともいい、南北朝時代に大隅に忽然と現れ、忽然と姿を消した楡井頼仲と、島津氏6、7代の氏久、元久の攻防の一戦があったところだ。

 今は「花岡町」となっているが、この町の進展に大きな足跡を残したのが島津氏の傍流「花岡島津家」(約250年前に創設)で、中でも2代目に嫁いだ岩子婦人は傑物で、木谷に水田がないことを憂え、領民と共に新しく6キロの水路を引き、見違えるほどの田園を作った功労者だ。

 花岡という名の由来は不明だが、味のある命名には違いない。さらに花岡の山奥・高隈山寄りには「花里町」などという風情のある町名がある。こちらは戦後の開拓集落である。

 また花岡町から鹿屋市街地に向かうとすぐに海道町になり、そこから高隈山方面に入ると「小薄町(おすきちょう)」になるが、ここは平家の落人集落で、ソバで有名である。おすきのすきは「薄(すすき)」で、これも植物からの命名であり、花ー花ー薄の植物つながりは面白い。

| | コメント (0)

庭の草刈り・ビータローの洗濯

先月の下旬から今日(3月7日)まで、晴れたのは3月3日の昼間だけという不順な天候続きの早春である。

 心配なのは早期米の苗作りだ。3月20日頃から始まる早期米の田植えだが、その少なくとも三週間前には種モミまきをするので、もう次々に芽が出ているはずで、こんなに日照時間が少ないと丈夫な苗には育たない。農家の苦心のしどころだろう。

 わが家の庭は草取りが遅れて、雑草が繁茂しだした。もう草刈り機でやってしまわないと根がはびこるばかり。・・・というわけで、朝方、小雨の合間を縫ってやってしまった。Niwanokusakaritobiitarou_001  こんな菜の花(ナバナの花)だけは一部残しておいた。

 1時間ほどかかって庭の隅々まで刈り終え、やれやれと思った時に気になったのが、老犬ビータローのことだ。

 ビータローも春の抜け毛シーズンが始まり、羊の綿毛のようなものが体のそこここから吹き出してきた。おまけに冬の間にかなりの桜島の灰をかぶっているので、手触りがガサガサしている。その上、加齢臭でかなり臭う。

 風呂場に運び込み、シャンプーで洗う間、後ろ足は横になったままだ。――もう最後の洗濯かも知れぬ――などと思ったりもする。

 洗ったあと、いつもならざっくり拭いて水を切っただけで、庭に出して「天日干し」をするのだが、今日はどんより小雨交じりでそうは行かないので、ヘアードライヤーで乾かした。Niwanokusakaritobiitarou_003  ドライヤーを近づけると・・・何すかいな、それは・・・と警戒。Niwanokusakaritobiitarou_004 「まあ、まあ、じっとしていてごらん」 ・・・ほほー、結構いいじゃないすか・・・Niwanokusakaritobiitarou_005  ・・・腰の辺りはよく掛けてね、はあ、いい気持ちだ・・・Niwanokusakaritobiitarou_006  ・・・ZZZ(極楽だよ)・・・

 「おや、眠っちゃったんだ。ご隠居は」

 

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »