« 猫を拾う | トップページ | 鳩山首相の退陣 »

拾い猫②

 勤め先から帰って居間に入るなり、ニャオ、ニャオ、と探し始めたのには、われながら驚いた。

 しばらく返事がない。

 どうしたのかなあ・・・、と思っていると丸めたカーペットの芯から顔を出した。

 「なあんだ、ニャンとか言えよ!」

 ニャンとは言わず、口だけ開けたので、「ははあ、のどが渇いてるな」と認識。牛乳を温めてあげたところ、よく飲む。

 次に腹が減ってるだろうと税理士の窪田氏(http://blog.taxlawfirm.jp/)に教えてもらった「猫用の缶詰」をパスして、有り合わせの「シーチキン」を開けて与えてみた(despair)。

 心配をよそに、まあ、よく食うこと・・・(happy01)。2262koneko_003 子猫の右手の緑色の棒はハエタタキの取っ手。2262koneko_001_3  はあ、なんか言った?2262koneko_002_3  何でちゅか?

 元気ですよ、モモは。

 まだ雄か雌か分からないので、とりあえず名前は「モモ」。

 もしオスだったら「モモタロー」かな。

|

« 猫を拾う | トップページ | 鳩山首相の退陣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 このように、半野生化した猫は、かなり危険でありまして、心ない人間や、犬等に相当精神を病んでおります。これを、あなたが、元に戻したとなれば大変な事でしょう!とにかくまあ~心が痛みますな~。それだけにかわいい~!立ち直れよ!

投稿: わん | 2010年6月 3日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫を拾う | トップページ | 鳩山首相の退陣 »