« 夏空(鹿屋市新栄町) | トップページ | ウミガメの放流②(鹿屋市浜田町) »

ビータローの死

 我が家の老犬ビータローがついに息を引き取った。今日8月21日朝の9時半頃だったようだ。

 6時半頃にいつもの体操をしてからビータローの様子を見たときは、少し早いがまだ普通に呼吸をしていた。少量の便が出ていたのでアルコール除菌タオルで拭き取り、尻やら腰の辺りまでぬぐい、身体の向きを反対にしてやった。

 もう食は受け付けなくなっていたので、水だけを手移しでコップ半分くらい与えてから家に戻った。

 先々週の日曜日(8日)に催した『おおすみ歴史講座』の内容をホームページに書き込んでいると、夜勤から帰宅した娘が「ビータロー死んでない?」というので急いで行くと、確かに呼吸が止まっていた。

 ついに逝ったかビータロー!!

 今月の5日ごろ、最後の「洗濯」をし、それから少し持ち直したかに見えたが、10日前から見る見る食欲が落ち、この1週間は小皿に一杯くらいの量になっていたのだった。

 死はもう時間の問題になっていた。13日、14日、15日と三日間、指宿に義父の初盆に行って来たのだが、その間に死んでいたらどうしよう、可哀相だな、などと言っていたが、それは何とか遣り過ごしてくれた。そして今日・・・。

 17年の間、我が家の守りに癒しに役に立ってくれてありがとうよ、ビータロー。

22821bitarounoshi001_2 2008年6月に写したビータロー。

 庭の花壇の真ん中にビータローは眠った。

|

« 夏空(鹿屋市新栄町) | トップページ | ウミガメの放流②(鹿屋市浜田町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏空(鹿屋市新栄町) | トップページ | ウミガメの放流②(鹿屋市浜田町) »