« 65年目の長崎 | トップページ | 夏空(鹿屋市新栄町) »

ウミガメの放流(鹿屋市高須町)

 今年もウミガメの赤ちゃんの放流時期がやってきた。

 今日の午後6時半、高須海水浴場では、近くの高須小学校のウミガメ孵化場で孵化したウミガメが放流された。22812takasuumigame001  夕暮れの高須海水浴場には多くの住民が集まっていた。ウミガメの赤ちゃんが放流されるところだ。22812takasuumigame002  それ行け、ウミガメの赤ちゃん。22812takasuumigame003  海はそっちだよ。22812takasuumigame004  元気でね。きっと帰って来るんだよ!22812takasuumigame005  はーい、イッテキマース!!

 今回放流されたのは107匹。6月6日にこの海岸に上陸したアカウミガメの産んだ130個の卵を採取し、すぐ近くの高須小学校の孵化場で孵したものだそうだ。

 6月6日を皮切りに、隣の浜田海水浴場でも3頭のアカウミガメが上陸して100個単位の卵を産んでいる。旧盆明けには2回目の放流があるはず。

 ウミガメの産卵と言えば屋久島が有名だが、鹿児島湾でもこのような光景が毎年夏に見ることができる。豊かな海なのだ。

 

|

« 65年目の長崎 | トップページ | 夏空(鹿屋市新栄町) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 65年目の長崎 | トップページ | 夏空(鹿屋市新栄町) »