« ウミガメの放流(鹿屋市高須町) | トップページ | ビータローの死 »

夏空(鹿屋市新栄町)

 朝から快晴で、久しぶりに夏空が堪能できた。

 暑いことは暑い。しかし今日、東京で37℃を超えたというが、そこまでの暑さにはならない。どんなに暑くても、せいぜい34℃が最高気温だ。それは四面海に囲まれている沖縄が33℃位しか上がらないのと同じ理由、つまり、海の水の蒸発(気化熱)が周囲の温度を奪ってくれているのである。海に感謝の毎日・・・合掌。

 もう残暑に入っているが、今日は青いきれいな空を望むことができた。22818natsunokumo004  昼頃、頭のてっぺんに弱いながらも入道雲を見つけた。22818natsunokumo001  鹿屋中央公園の武道館の上にも同じような入道雲。22818natsunokumo003  武道館の西空にもむくむくと雲が湧き上がっている。22818natsunokumo002  鹿屋市役所6階から南西方向を望む。こちらも小規模だが入道雲が発生している。

 案の定、入道雲の発生した地域では、このあと2~3時間して局地的に夕立らしきものが降り注いだ。

 真っ青な空に、真っ白な入道雲――夏の象徴だが、もう、そう長くは続かないだろう。

|

« ウミガメの放流(鹿屋市高須町) | トップページ | ビータローの死 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウミガメの放流(鹿屋市高須町) | トップページ | ビータローの死 »