« 市街地での米作り(鹿屋市札元町) | トップページ | 大姶良の山田地帯(鹿屋市大姶良町) »

曼珠沙華(まんじゅしゃげ=彼岸花/吾平町)

 今日、とある山里を走っていると、おう、彼岸花が咲いている―と車を停めてしばらく見入っていた。

 何と海紅豆(カイコウズ)の木の下に、わんさか生えていた。22914higanbana_003  民家の中ではなく、塀際の一本だけ生えているカイコウズの下に、まるで寄り添うように色とりどりの彼岸花が咲き始めている。22914higanbana_001  赤、クリーム、黄色の三色が陽だまりの中、我が世の春を謳歌するようにそれぞれの群落を作っている。22914higanbana_002  ヒガンバナ(曼珠沙華)は律儀な花である。毎年決まってあと10日くらいで秋の彼岸の入りだ、という頃に茎を伸ばし、いっせいに咲き始める。

 昔はヒガンバナと言えば赤(紅)と決まっていたものだが、最近は改良されて白、クリーム、黄色などの色違いが作られている。

 ご先祖様は眼を白黒、だが、喜んでいよう。

|

« 市街地での米作り(鹿屋市札元町) | トップページ | 大姶良の山田地帯(鹿屋市大姶良町) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市街地での米作り(鹿屋市札元町) | トップページ | 大姶良の山田地帯(鹿屋市大姶良町) »