« 最後の稲刈り(鹿屋市笠之原町) | トップページ | 本当に秋なのか? »

流出したビデオ(中国漁船の体当たり事件)

 民主党政府が一般には公開しないと決めた、中国漁船「閩晋(ビンシン)号」の海上保安庁巡視船「よなくに」への体当たり映像が、ユーチューブに流出していた。一部の国会議員にだけ見せたのが姑息にもたった6分くらいの超カット映像だったのに比べ、44分間も映っていた。

 今朝のテレビではこの話で持ちきりとなったが、中国漁船の故意の衝突であることは明らかで、船長を解放(釈放)してしまったのは完璧な誤りだった。与党民主党の誰かが「中国は日本人建設会社社員を拘束した。あの人たちがどうなってもいいのか!」と声を荒げて船長解放の理由を主張していたが、それこそが中国共産党政府の思うツボだったのだ。

 日本が船長を拘留し起訴まで持って行ってこそ尖閣諸島の日本帰属が強く表明できたのである。もし万が一、建設会社社員が向こうの法律で裁かれ「禁錮何年」というような重い刑に処せられたとしても、断固として起訴までは持って行くべきだった。

 中国がそこまでしたら、逆に国際的な関心と非難を浴び、尖閣諸島が日本の領土であることの国際的認知の後押しを得ることになっただろう。起訴もせずに早々に釈放してしまったのは、民主党外交の失策だった。

 今回の流出ビデオが世界中で見られ、中国漁船側の不法と、それを擁護する中国共産党のキチガイじみた言い草が物笑いになることを切に願う。

 それにしても、「ビンシン号」以前にあった他の中国漁船が日本の海上保安庁の巡視船の警告に従って領海から立ち去っていく映像を、なぜテレビ局は放映しないのだろうか?そうすればあの「ビンシン号」の領海侵犯かつ体当たりという行為の犯罪性が際立つだろうに・・・。

 今からでも遅くないから、そういう映像を流して欲しいものだ。

|

« 最後の稲刈り(鹿屋市笠之原町) | トップページ | 本当に秋なのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の稲刈り(鹿屋市笠之原町) | トップページ | 本当に秋なのか? »