« しろまろ氏への回答(大隅・肝付氏について) | トップページ | 菊の競演 »

守秘義務違反!?

 ユーチューブに中国漁船の衝突映像を流出させた海上保安官が、国家公務員法の守秘義務違反に問われたが、その前にまず一部の国会議員にだけ見せて事をすまそうとした政府のほうが問題だ。

 中国共産党のレアアース輸出制限と建設会社フジタの社員拘束という汚い対抗手段により、衝突させた漁船の船長を「不起訴処分」というアホな腰砕け判断で釈放帰国させた後である。後ならどんなに国内世論が沸騰しても中国様は大目に見てくれるだろう、という計算か。いったい誰のための「守秘義務」なんだろう、官房長官殿。

 海上保安官のしたことは―中国のやり方は許せない。それをあっさりと受け入れてしまった政府のやり方も許せない。国民に事実をありのまま知らせたい―という義憤感からで、むしろこういう行為を行ったのが国民の税金で雇われている公務員であったのはまさにアッパレと言うべきだろう。

 それを今の政府は裁くべきではない。いや、権利がなかろう。もし仮に、日本の領海内で、領海侵犯した中国漁船を追跡し、逆に日本の海上保安庁の巡視船がその漁船に追突したら、政府はどうするのか。その時、国益のために「公開しない」と断言できるのか。中国が何やかや言ってきたときに「領海内の事故で、漁船のほうが悪い」と非公開を貫けるのか!

 たぶん、できやしないだろう。事実は事実だからだ。今回も同じことである。

 さて、逮捕された保安官本人が「罪に服す」というのであれば、それも見上げた行為で、「粛々と」罪に服したらよかろう。

 民主党政府は漁船の船長を「粛々と日本の法律によって裁く」と公言しておきながら、中国共産党のあのキチガイじみた対抗措置の前にあっさりとその前言を翻し、あの船長の暴挙は無いことにしてしまったのだ。世界の物笑いになったのだ。それを良いことにロシアも北方領土で策動を始めている。

 なんとも情けない政府だが、保安官の行為はわれわれの溜飲をいくらか下げてくれた。

 

|

« しろまろ氏への回答(大隅・肝付氏について) | トップページ | 菊の競演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しろまろ氏への回答(大隅・肝付氏について) | トップページ | 菊の競演 »