« しろまろ氏への回答② | トップページ | 新発見の象嵌装大刀シンポジウム(鹿屋市吾平町) »

しろまろ氏への回答③

 今日のメールで 「肝付氏の先祖が平季基に婿入りし、その後、肝属郡弁済使として大隅高山に入り、かつまた平季基の弟の良宗が隣の吾平に入った。大隅はまさに平氏の天下ではないか。そうであるならば、なぜ平姓そのままに名乗らず<肝付氏>を名乗ったのか」 という趣旨の疑問を発しておられましたが、その理由こそが「勝てば官軍、負ければ賊軍」なのです。

 平安時代の末に「平家にあらずんば、人にあらず」と栄華を誇った平家一門は、源氏の棟梁となった頼朝・義経兄弟に完膚なきまでに敗れ、ついに壇ノ浦の藻屑と消えた。つまりそれ以降は「源氏にあらずんば、人にあらず」の時代になったのです。

 それ以降、頼朝は全国津々浦々、特にもともと平家の勢力の強かった南九州は目の仇として追捕の手を緩めなかったわけで、そんな時代に「平姓」を名乗れるはずはないことはお分かりでしょう。

 宮崎県椎葉村の山深い平家の落人に対して、頼朝は那須与一の弟・大八郎宗久をして追捕させているのはご存知でしょうか。大八郎はそこで鶴富姫と出会い、恋に落ちるわけですが、あんなにも山深い里まで平家の残党を追い求め抹殺しようとしていたという時代背景を考えてみてください。

 鹿児島は宮崎よりもっと多くの平家落人伝承をもった土地がたくさんあります。そのことについては、大隅史談会の創始者・永井彦熊の『落日後の平家』に詳しいのですが、いずれにしても1185年の壇ノ浦の合戦で平家は滅び、源氏の天下となったわけです。

 「伴姓」そのままに名乗ったらよかったろうに―との疑問も、上と同じ理由です。なにしろ伴兼貞は「平氏」の平季基に婿入り、つまり伴氏と平氏は婚姻関係となり親戚(親族)となったのですから、源氏の天下では下手をすれば一網打尽になってしまう、それを避けるためには弁済使としてあてがわれた肝付を名乗れば一安心だったはずです。

|

« しろまろ氏への回答② | トップページ | 新発見の象嵌装大刀シンポジウム(鹿屋市吾平町) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しろまろ氏への回答② | トップページ | 新発見の象嵌装大刀シンポジウム(鹿屋市吾平町) »