« 桜島の桜(鹿児島市桜島町) | トップページ | 東日本大震災 »

桜と楠(鹿屋市野里町)

 鹿児島では3月23日に「桜開花宣言」が出されたが、その後一週間、桜花はなかなか咲き出さない。

 鹿屋市の南部でも、同じ頃にちらほら咲き出したのだが、一週間たってまだ一分咲きにもなっていない。去年も開花後が冷え込み、満開になったのが4月6、7日のちょうど入学式の頃だった。

 今朝は霜まではないものの、かなり冷え込んだが、昨日までの三日間は連続して霜が降りた。3月も末日近くになって3連続の霜とはこれまでにないことだ。23330sakuratokusu_001  それでも咲くところには咲いている。どうも日当たりの良い場所の桜よりも、日陰になるのが早いところの桜のほうが早く咲くようだ。23330sakuratokusu_002  ここのは5分咲きに近い。ただ、日当たりが悪い分、枝の数が少ない。23330sakuratokusu_004  一輪一輪を愛でることは稀だが、数少ない中でこうしてみるとやはり可憐だ。23330sakuratokusu_003  今は桜のほかにまだコブシ、イワツツジ、ハナブソウ、ハナモモなどが家庭の庭などに咲いているが、楠も花こそ咲かないが、古葉を落としながら、新緑が日に日に萌え立つようになって来ている。23330sakuratokusu_005  楠若葉というよりまるで楠赤葉。赤いのは花ではなく新葉だが、花よりも照り輝いて鮮やかだ。

 桜の開花が足踏みしているうちにも、山々はこうした常緑樹の青葉の季節へじわじわと移行している。

|

« 桜島の桜(鹿児島市桜島町) | トップページ | 東日本大震災 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜島の桜(鹿児島市桜島町) | トップページ | 東日本大震災 »