« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

宇宙と田園(肝付町内之浦)

 肝属郡肝付町内之浦に所用で出かけ、ついでに「内之浦宇宙空間観測所」から岸良へと足を延ばしてきた。

 内之浦の中心部は旧内之浦町役場のある北方(きたかた)だが、ここを通り抜けると広瀬川という小流の沖積地に栄えた南方に至る。

 道は上りとなり上がった先に宇宙空間観測所があるのだが、真新しい新道に架かる橋の名が面白く、「マーズブリッジ(火星橋)」「ウラノスブリッジ(天王星橋)」「ジュピターブリッジ(木星橋)」「サターンブリッジ(土星橋)などと太陽系の衛星の名が付けられている。

 中でもジュピターブリッジからの眺めがよく、内之浦中心部がよく見えた。019  上ること5分で峠にあたる場所に「内之浦宇宙空間観測所」がある。030  入り口の守衛所で住所・氏名・人数などを記入して入場が許可された。

 車で2分、観測所内の最高地点(344m)に「衛星ヶ丘展望台」があるからまずはそこから周囲を展望する。020  巨大なパラボラアンテナ(直径34㍍)のある場所は「テレメーターセンター」といってロケットから切り離された人工衛星を追跡する本部である。観測所の心臓部だ。022 「衛星ヶ丘」にも20㍍の巨大アンテナが建っている。

 ここからもと来た道を下り、事務センターのところまで引き返すと向かい側に「人工衛星おおすみ記念碑がある。024 国産初の人工衛星「おおすみ」はここから打ち上げに成功した。1970年のことで世界で4番目という快挙を達成している。028 一度入り口を出てすぐ左手の橋を渡った奥には「М(ミュー)センターがあり、そこには発射台とミューロケット試験機が展示されている。これと同型のロケットで、027 あの小惑星「イトカワ」からサンプルを持ち帰り、何と7年もかかって昨年地球に帰還した人工衛星「はやぶさ」は打ち上げられた。

 このミューセンターは2006年までで運用を停止したのだが、「はやぶさ」が7年間ももたもたしないで1,2年で颯爽と帰還していれば、あるいは運用は継続していたのかもしれない。「後の祭り」いや「後のはやぶさ」だ。

 だが、遅くても帰ってきてよかった。いずれ誰か映画監督がこのはやぶさの超スロー帰還を絡め「あきらめない」をテーマにした映画を作ってくれるといい。031  宇宙空間に思いを馳せたあと、岸良への道をとる。行くこと20分、下り坂の途中から岸良地域独特の色合いをした花崗岩の岸と青い海が見えた。035  奇岩の一つに下りてみると、岩の上に祠が祭ってあった。恵比寿さんらしい。037  岸良を流れる久保田川の河口。砂の色も花崗岩の色と同じく赤味がかっている。042  岸良の町中に入っていくと平野部ではもう稲刈りが行われていた。045  聞くともうあちこちで始まっている――と、恵比寿顔で語ってくれた。

| | コメント (6)

梅雨明け後の心の字池

 梅雨明け後には大賀ハスが覆い尽くしているはずだった庭の心の字池は・・・。001  確かに手前の排水口近くのハスはどんどん葉を伸ばしてきているが、向うにもう一株あったのはホテイアオイの成長に負けてしまったようだ。

 004  ホテイアオイは1ケ月くらい前に金魚を売っているペットショップで10株買ってきて浮かべておいた。そのころ池の水がドロドロしたグリーンになっていたので。ホテイアオイで過剰な栄養分を吸収させようと思って入れたのだった。

 その効果はあったようで、池の水は濃いグリーンからやや透明に近いグリーンに変わった。それはそれでいいのだが、なにしろ繁殖力が強すぎる。一株から4~5本の子株を伸ばし、今や50株はあろうかという一大群落(池の面積にすれば)を形成し、虎視眈々と大賀ハスの領域を侵そうとしている。003  大賀ハスの葉っぱの下にカメラを入れてみると、うむ、もう侵入してきているではないか。

 これはいけない。ホテイアオイを、ちと間引きせねば・・・。

 この間入れたメダカ20匹には過ごしやすい環境だろうが、心の字池の復活は大賀ハスを咲かせたいためだったのだから、ホテイアオイには少し遠慮してもらうことにしよう。

| | コメント (0)

マリンフェスタ(鹿屋市高須海水浴場)

 いつもは静かな海水浴場が、今日は朝から賑わっている。

 高須海水浴場は鹿屋市の西海岸にあり、海に点々と突き出た赤色凝灰岩の岩礁が独特の雰囲気を醸し出している。

 今日は「マリンフェスタinカノヤ」という海の日を記念する行事が催されていた。(実際の記念日は明日の18日だが、いつも前日の日曜日に行われている。)001  近くの浜を覗くと砂浜にテントが張られ、いろいろな種類の海の乗り物が置いてあった。004  005  バナナボートという名の黄色いボート。007  ウインドサーフィン、シーカヤック、向うでは今しも水上ジェットが出て行くところ。014  中学生らしい二人乗りのシーカヤックが2隻、海水浴場を大回りして帰ってく来た。楽しい体験だったろう。003  薩摩半島の秀峰・開聞岳(924m)を背景に、高速のモーターボートに曳かれて走るバナナボート。乗っているのは小学生か? もちろん安全胴衣は身に着けている。013  今日ここでマリンフェスタが開かれるのを知らなかったのか、若い親子連れが渚で普段通りの海水浴を楽しんでいた。

 今日は外洋では台風6号の影響でかなりの波が出ているが、ここは内海(鹿児島湾)なのでまださほど荒くない。風は5~6メートルもあるのだが、東から西への風のため、西向きの高須海岸は風上にあたっており、さざ波程度で済んでいる。

 あさっての午前中、台風6号は南九州に最接近するとの天気予報。

 東へ避けてくれると有り難いが、どうなることやら。

 遅れましたが、いつも観て下さるみなさん、暑中お見舞い申し上げます。節電の夏だそうですが、命あっての物種、無理をせずクールに過ごしましょうや!

| | コメント (3)

清流(鹿屋市吾平町神野)

 朝から強い日差しが照りつける。

 こんな日は清流の畔に行くに限る。20110712seiryuu3  鹿屋市の吾平町は吾平山上陵があることで有名だが、そこをさらに遡った山中の神野地区は清流で有名である。

 吾平富士と呼ばれる中岳(677m)は川沿いから望むとピラミダルな山容が美しいが、その山肌から流れてくる川の水は澄み切っている。20110712seiryuu2  思わずがぶ飲みしてしまいたくなるような澄んだ流れ。

 川の中の平らな島は、鹿児島のど真ん中を南北に展開する錦江湾の成因となったカルデラ火山の噴出物「溶結凝灰岩」が川の流れによって削り残された物。

 大隅半島の渓谷・渓流は100万年も前という火山噴出物が土中深くで冷え固まった「花崗岩」の露頭がきわめて多い。このあたりも白っぽい花崗岩の大小がゴロゴロしている。

 ※(追記) 今日の午前中の11時ころ、雲の切れた合間に「彩雲」を見ることができた。(残念ながら携帯で撮影したものなので、写り的にはあまり良くないが、真ん中の雲の切れ間にピンク色とその左手に淡いブルーが現れている。)20110712saiun

 彩雲は虹と同じく太陽光が水蒸気を通過して起こるプリズム現象だが、違うのは浮かんでいる雲だけに七色が映し出される珍しい現象で、古来「瑞雲」とされてきた。何か良いことが起こらないものか。

| | コメント (0)

あるアイドルの死

 5月の連休明けに鹿児島は種子島出身のアイドル「上原美優」(うえはら・みゆ=本名・藤崎睦美)が自死した。享年24歳という若さで・・・。

 ここ1、2年バラエティ番組でよく目にしたことがあったが、種子島の出身ということと10人兄弟の貧困家庭の育ちということで気になる存在ではあった。

 自死の第一報をインターネットのヤフーニュースで知った時に、真っ先に頭に浮かんだのは「やっと貧乏から抜け出しかかり、このままアイドルを続けていれば裕福になれただろうに、なぜ?」だった。

 インターネットなどで調べていくと2年前に自著『10人兄弟貧乏アイドル』を出していることを知った。買おうと思ったが、同じ出版社が6月に文庫本化して緊急出版するとあったので予約を入れて待つことにした。

 1週間前に本が届きようやく読むことができた。

 たしかに10人兄弟(4男6女)の末っ子である。ただし、長子の兄は一人だけ腹違いであるらしい。28歳も離れているので、誰かの結婚式にやって来た時に初めて対面し、その後も1度しか会っていないそうだ。

 中学校を卒業するとみな島を離れて自活するのが「家訓」だったとかで、高校に行きたかったら働きながら行くというのが定番になっており、上原もそうしかかったが挫折し中退している。中学校時代から生意気だということで先輩に眼を付けられ、かなりのいじめにあっているからだ。

 その遠因をつくったのが家庭のありようで、特に母親には激しく当り散らしていた。

 「なんで私なんか生んだんだ!」―とは、親に大きく反発する子供の、親への<殺し文句>だが、上原もまさにそうだった。

 小中学校の同級生の家庭とは母親の存在感からしてえらく見劣りがしたようで、そんなことが上原を苛立たせたようである。

 それでも随所に「母親を独占したい」という気持ちが書かれていて、母親への嫌悪と愛着が同時に存在していたことが分かる。

 一般的に言って、母親の存在感が薄いと子供の情緒は不安定になりがちである。母親は子供にとって養分を吸収する「土壌」のような存在で、土壌が安定していて豊かであれば子供は十分に根を張ることができる。そうすれば幹(心)も枝も葉もすべてをのびのびと伸ばすことができ、いろいろな体験(学校・社会)も成長の糧になっていく。

 ところが上原にはそれが希薄だった。自分にとって母親が希薄であり、家族関係も希薄だった(知らないところから3番目の兄が現れたり、中学校を卒業するとみんなバラバラになって行った)。上原は生れ落ちてからそんな寂しさを何度も味わっていた。

 アイドルになるという希望も、「テレビの前ではいつも喧嘩したりしている兄弟みんなの心が一つになっているから、自分がアイドルになってテレビに出たら、家族全員が一つになれる」からで、有名になることの誇らしさを味わいたいからではなかったようだ。

 高校中退後は一時暴走族に属し不良との交友があり、その頃、車に無理やり乗せられて強姦されてもいる。これには大きく傷ついただろう。

 先に東京に出ていた姉からも慫慂されてあるタレント事務所へ所属したが、兄の保証人問題で借金を返す協力をさせられたりして一時事務所を辞め、恋をし失恋をし、その後復帰した時に赤裸々に生い立ちを話したところ、その路線で売り出すことになり、3年ほど前に本格的に芸能界デビューを果たした。

 その後の活躍はかなりのもので、先の本も出版し「貧乏育ちで野育ちだが、可憐なアイドル」として受けて来たその矢先の自死だったものだから驚かされた。

 1年前に母親を亡くしたことが上原の心に大きく影を落とした。精神的に不安定になり睡眠薬も常用していたようだ。一時はあれほど毛嫌いしていた母親の存在感は、やはり上原にとっては大きいものだったのだ。いや大きいからこそ反発も大きかったのだろう。

 最後のほうで、上原はこう書いている。

 「母ちゃんを隠したいって思っていた時期があった。自分の母ちゃんだって言いたくなかった。

 でも今は、自信を持ってみんなに見せたい。これが私を生んでくれた母ちゃんだって。」

 また、<おわりに>では、

 「今まで、私はたくさんの人を傷つけ、大切な人を失いました。自分もたくさん傷を負ってきました。その「傷」は今も消えないで残っています。その「傷」を、自分の中だけで隠して生きようと思ってきましたが、それは体験してきた自分の「人生」を否定してしまうことだと気づきました。

 自分の「人生」に自信を持って、堂々と出していきたい、と思えるようになったんです。・・・」

 と書いている。

 だったら自死はないだろう、と思いたいが、自分のうちにある弱々しい根も幹も枝も葉も、芸能界のようなギラギラした世界には不向きと感じたのかもしれない。

 本当は、もう一度、慕わしい母親と子供時代をやり直したかったのではないだろうか?

 その母親はこの世から去ってしまった、自分を置きざりにして。上原はまたあの原体験の寂寥感に襲われたに違いない。

 母親の存在感が子供にとっていかに大きいものかを、上原美優の死は訴えかけている。

                                           合掌

 

 

| | コメント (0)

その後の大賀ハス(鹿屋市串良町)

 6月半ばに行った時はまだ蕾だった串良町「御仮屋跡」の大賀ハス。きのう見たところ見事に花を開いていた。2011630oogahasu1  串良郷の旧仮屋(役所)跡の石垣の下の水路に並べられた土管状の蓮鉢は12あって、その中に大賀ハスの根(蓮根)が更新されながら生き延び、こうして花を咲かせてきた。2011630oogahasu2  梅雨明け後の日光を浴びた大賀ハスの花。

 大隅史談会の前会長・江口主計先生は『大隅48号』で「大賀ハスと国分重春先生」という小論を書いておられるが、それによると東大教授の大賀一郎博士が千葉県検見川の東大農場で2000年前の地層から丸木舟4艘が掘り出された際、ハスの「へた」がたくさん見つかったので、実(種子)もあるだろうと苦心して掘り出したのが昭和26年3月のことだった。

( 大隅史談会の創立が同じ昭和26年というから、何かの縁か・・・。)

 その後、その一粒の種から翌年には美しい花が咲いている。

 大賀ハスは株分けによってあちこちに移植されたが、串良町へは大崎の寺院を介して到来している。種子からではなく根株(蓮根)の株分けだと、受粉による交雑とは無縁なので原種がそのまま保存されるそうだ。

 大賀ハスは毎年新しい花を咲かせてこれからも生き延びるだろうが、同じ場所で発掘された2000年前の丸木舟4艘はその後どうなっているのだろうか? 気になるところだ。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »