« 南隅路を行く(根占ネッピー館) | トップページ | この秋の初降灰(鹿屋市池園町) »

鹿屋の花火大会

 大会と名が付いているが、別に競うわけではないのが夏の花火である。

 鹿屋市主催の「花火」が昨日(27日)の午後8時から打ち上げられた。031_2  友人3人と写真に写っているホテルの屋上のビアガーデンに入ろうとしたが、案の定、満席で断られた。

 もう一軒近くの屋上ビアガーデンのある飲食店に行ったが、こちらもダメ。

 仕方なく、1キロほど離れた友人の知り合いが経営する居酒屋へ行った。

 1時間ほど飲み食いをしていると「ボン、ボン」と合図の花火の音が聞こえてきた。

 みんなで居酒屋の外に出て観賞を決め込んだのだが、いかんせん近隣はビルや商店が立ち並び、花火の頭の方しか見えなかったので、肝属川沿いに歩いて、結局は最初に行こうとしたホテルのすぐ側の橋の上で見ることになった。051 赤い花火が上がると、川面も赤くなる。037  酔っていたのでデジカメがしっかり押さえられなかった。ピンボケはご容赦願う。050  東寄りの風がやや強く吹いていたため、花火の花が開くと花びらは向かって右手の西の方向に流れていた。056  1時間ほどして終了近くなると、5百連発などの連続花火が主流になる。066 かくて今年の花火も見納めとなった。

 橋の上のは多くの人が見物に来ていたが、川面を渡る風はもうすっかり秋の気配であった。

 6月の下旬に早々と梅雨が明け、長く暑い夏が続いたが、ようやく朝晩は冷えを感じるほどになってきた。

 大隅史談会の会報『大隅55号』の執筆と編集が目前に迫っている。秋の夜長に、焼酎でも傾けながらぼつぼつ始めることにしよう・・・。

|

« 南隅路を行く(根占ネッピー館) | トップページ | この秋の初降灰(鹿屋市池園町) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南隅路を行く(根占ネッピー館) | トップページ | この秋の初降灰(鹿屋市池園町) »