« 初霜(鹿屋市池園町) | トップページ | 『徹底検証・ここまでわかった!邪馬台国』を読む① »

伊集院の一宇治城址(鹿児島県日置市)

 日置市伊集院町で研修会があり、午後の現地案内の時に「一宇治城址」に行った。

 ここは戦国時代前期に島津氏の一族である伊集院氏が居城していたが、天文年間になって伊作島津家の出身である貴久が島津本家の後継者となってしばらく住んだ所である。

 また、天文18年(1549)に日本で初めてキリスト教宣教の許可が出された場所でもある。010 イエズス会の創立者のひとりであり修道士かつ宣教師でもあったフランシスコ・ザビエルが東洋布教の途上、たまたまマラッカにやって来ていた薩摩人ヤジローを知り、インドのゴアの修道院で入信させたのちヤジローの先導で鹿児島城下に上陸したのが天文18年の旧盆(旧暦の7月半ば)の頃だったという。

 ヤジローの案内でここ一宇治城にいた島津氏第15代貴久に面会し、南洋や東南アジアの様子などを織り交ぜてイエス・キリストによる救いを中心とする教義の概略を述べ、何とか布教の許可を得たのであった。012 (もう少しで本丸近くに上るところ。そこで貴久はザビエルに会見したと言われている)。017 ほぼ城跡の山頂近くに会見の記念碑が建つ。左側面にはその年月日が「天文18年9月29日」と刻まれている。イエズス会の本部への報告書などにそう記されていたのだろうか。

 鹿児島城下で布教活動に入るとたちまち入信者が100人を数えるほどになったが、福昌寺の若い僧侶までが仏教(禅)を捨てて信者になると仏門側でもこれを問題視し、次第に軋轢へと発展して行った。011_2 (一宇治城址の駐車場横の広場に建つザビエル像)

 危機感を持ったザビエルは一地方の領主(島津氏)よりももっと全国的な領主、つまり天皇家の許可を得れば布教は保証されると考え、九州西岸の平戸辺りにポルトガル船が入港したのを知り、便乗して山口経由で京都に赴いたのだが、打ち続く戦乱のため京都には入れず、やむなく引き返した。

 その途中で山口の大内氏に招かれ、山口でも布教して信者を得ている。

 島津貴久は領国の外で画策する(と映ったであろう)ザビエルの行動を快く思わず、1年ほどで布教許可は取り消した。

 その後、ザビエルは豊後の大友氏や山口の大内氏などの食客となったが、鹿児島と同じく仏門の圧力や民俗的信仰の強い日本人的性格を変え難いと見たのか、まずはその前に日本の知識人が師と仰いでいる中国人(明人)を改宗させるのが先決と考え、大陸に渡った。しかし、布教を果たす前にとある島で亡くなったという。(ザビエルの遺骸はインドのイエズス会修道院にあるようだ。)

 中国の厦門(アモイ)という所にキリスト信者の墓があり、その一つはヤジローのものではないかという説がある。島津領から追放同然に立ち去ったザビエルにはインドのゴアからの従者のほか、ヤジローをはじめ幾人かの薩摩人が付いて行ったはずであり、中国大陸に渡るのも一緒だった可能性は高いからである。

 ところが、ヤジローの墓は伊集院にあるというのである。これには驚いた。001  県道206号線の途中に案内標識が建っている。鹿児島城西高校の東1キロほどの場所である。003 案内者も「伝承ということになっています。ヤジローのその後は全く分かっていませんので・・・」とやや言葉を濁す。005  五輪塔の真中の水輪(すいりん)が抜けた奇妙な墓だ。十字でも刻んであればそれなりに信じられるが・・・。

 布教許可を取り消されると、ヤジローたち信者は一転して白い目で見られる対象となった。中でもヤジローはザビエルを連れて来た張本人であるから、おそらく鹿児島には居られなかったはずで、ザビエルとともにか、ザビエルを追って大陸に渡ったというのが真相だろうと思う。

 もしこれがヤジローのものとすれば、迫害を受けて殺されたか、自害したかであるということになる。その可能性は無くはないが、殉教者の墓ということであれば現在も活動しているイエズス会が放っておかないのではないか?

 何しろ、ヤジローはイエズス会の布教活動初期に創立者のひとりであるザビエルを案内して日本に導いた功労者なのだから。014 (山城頂上は広い。)019 (展望台から見た伊集院中心部。桜島が台地の向うに姿を現す。)018 (西北方面には串木野の冠岳が望まれる。)

|

« 初霜(鹿屋市池園町) | トップページ | 『徹底検証・ここまでわかった!邪馬台国』を読む① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

島津家にフランシスコ・ザビエル、ヤジロウに、西郷隆盛の妻の伊集院須賀、大久保利通の妹の伊集院芳子。
長渕剛、稲森いずみ、中島美嘉の出身地は伊集院町。世界的な薩摩焼の沈壽官。
鹿児島の有名人が結集していて、鹿児島の心臓部に当たる場所。伊集院。
その割には観光名所としての知名度がイマイチ低い!

伊集院駅前の鬼島津の銅像といい、関ヶ原を敵中突破した島津義弘や九州を制覇した島津義久ら、島津四兄弟の居城の伊集院城の歴史と伝統は、日本100名城の鹿児島城よりも古く優れている。
世界遺産の金閣寺や愛媛城よりも遥かに古く、国宝の長崎大浦天主堂は、日本史上最初にキリスト教が行われた伊集院城よりも300年も後に建てられている。

しかも、伊集院城を築城した人物は、日本文学史、最大の敬意を払われている【紀貫之】の血筋の伊集院時清!
【紀貫之】は、百人一首、古今和歌集、日本最古の日記の土佐日記でも必ず教科書に出てくる人物ですよね。
世界遺産、国宝級にすべき伊集院城だと思います。

もっと もっと評価されるべき、お城かと思います★★★★★

投稿: 鹿児島の象徴 伊集院 | 2014年12月 2日 (火) 11時46分

長崎県、国宝の大浦天主堂は1865年造設。
鹿児島日置市伊集院城は、1549年にフランシスコ・ザビエルにより、日本最初にキリスト教が行われた場所です。
日本で初めて、伊集院城でキリスト教が行われた300年も後に、国宝の大浦天主堂は建てられているのです。

伊集院城築城は更に古く、1100年築城されています。
従って、伊集院城が建てられた
【765年】も後に、
国宝の大浦天主堂は建てられました。

どっちか国宝だか分かりませんね…

国宝より700年以上も古くから建てられ、国宝よりも、300年も古くから日本史上、最初にキリスト教が行われた伊集院城。

明らかに国宝の大浦天主堂よりも、伊集院城の方が価値があります!!!

投稿: 訂正! | 2014年12月 2日 (火) 12時15分

コメント感謝します。
 伊集院城(一宇治城)についてですが、築城したのは伊集院時清で、紀貫之の後裔とありますが、出典は何でしょうか?
 鹿児島県史の伊集院氏系図によると、伊集院氏は島津氏二代目からの分流で、久萬(ひさかず)という人物が伊集院を領有して以降の氏で、1200年代後半とされています。その頃の築城と思っていましたが・・・。
 その3代後の忠国が一宇治城において暦応3年(1340年)に島津氏第5代貞久に反逆したことは『三国名勝図会』に記載があるので、記録上さかのぼれるのは1340年ということになります。

投稿: kamodoku | 2014年12月 6日 (土) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初霜(鹿屋市池園町) | トップページ | 『徹底検証・ここまでわかった!邪馬台国』を読む① »