« 『徹底検証・ここまでわかった!邪馬台国』を読む② | トップページ | 「八山岳」地名考 »

八山岳に登る(肝属郡錦江町)

 半月前に娘から「八山岳(はっさんだけ)に登ったけれど、山頂まで1時間くらいで行けた」と聞いて唖然とした。

 以前に登った時は2時間近くかかったように記憶しているので、参ったな負けたなと思った。若いと思っていたのだが・・・。

 ところがどこから登ったのか聞いてみると、錦江町の半ヶ石からだと言う。嘘だ、八山岳は吾平町の神野地区からしか登れないのに――と言うと、娘は携帯で撮ってきた写真を示した。

 紛れもなく、そこには「八山岳山頂」という標識が写っていた。だが、標高を見て驚いた。659.3mしかない。自分の登った八山岳は940mほどあったのである。

 狐につままれるとはこのことかと、今日の午後、その「八山岳」に登ってみた。

 娘に言われた通りの道を行く。錦江町の半ヶ石(はんがいし)は旧大根占町に属し、もっとも山奥の集落である。自宅からはまず吾平町に行き、そこから南大隅中央線という田代から佐多に通じる県道を南下する。

 途中、池田小中学校を右に見ると間もなく壱崎を経て半ヶ石に入る。半ヶ石を流れる神ノ川の源流に架かる橋の少し手前の道路沿いに、田の神と水神様の祠が建っているからそのすぐ脇を左折する。031_2 電柱の「八山岳登山口」の看板が立っている。この道を途中2か所の分岐を標識に従って上ること約4キロ。右手に登山道案内図が見える。008  左脇からいきなりの急登となる。 010  ひたすら登り続けること20分。杉の植林を脱し、自然林が見えてくると尾根は近い。012  尾根筋を右手にとり歩く間もなく巨大なイスノキが出迎える。直径は1.3㍍くらい、周囲は5mはあるだろう。いったいどうしてこのような姿なのか、気根が束になったものだろうか、圧倒される。

013  10分も行くと岩石交じりの登り道となる。026  途中、椎の巨木に出会う。それも見事に二股に分かれている。027 一本の椎の木では考えられないほど空を覆い尽くしている。024 山頂まであと15分くらいになると木製の柵が導いてくれるようになる。014 山頂に到着。なるほど「八山岳山頂・標高659.3m」だ。首をかしげつつ周囲を見渡す。016 北には鹿屋市との境を画する横尾山系がなだらかに横たわる。019 東に中岳が見える。別名「吾平富士」と呼ばれるように吾平の町中から望むと円錐形の形の良い山だが、ここからはピークがいくつかに分かれて見える。023 東南方向に眼を転じてみると・・・、右上の丸いピークのさらに奥に見えているではないか。以前に登った「八山岳・940m」に間違いない。

 ではこの山は何だろう。誤認か? 確かにれっきとした独立峰ではあるのだが、地図には659.3(三等三角点)とあるだけで名前はない。最高峰の八山岳の東北・南・北西の三方向に伸びた尾根筋にあるピークなので「八山岳山系」の一つには違いないのだが・・・。

 釈然としないまま山を下りた。途中、半ヶ石に湧き出る名水で久しぶりに喉を潤したが、うまかった。033

|

« 『徹底検証・ここまでわかった!邪馬台国』を読む② | トップページ | 「八山岳」地名考 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

 私も、八山岳(はっさんだけ)に付きましては、あやふやでしたので、地図好きの名誉にかけて調べてみました。名誉にかけてと言いましても、NHKオンデマンドで「飛ぶがごとく」を2部の20まで見ながら調べましたので、間違いかもしれもはんどん、こらえっくいやい!
 まず、ネット上で調べても全くあやふやで、659.3m説、940.5m説、どっちかと?そこで地図の権威国土地理院の国土ポータルに登場願いましょう。以前とくらべかなり使いやすくなりました。
http://portal.cyberjapan.jp/denshi/index3.html
 おっ!八山岳(はっさんだけ)は、やはり659.3mか~。
う!うーん!ないけこん山は大尾岳(うおだけ)940.5mさらに
http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&t=p&brcurrent=3,0x353e9390506f0b77:0xc44a84fb28dd5498,0&oe=UTF8&msa=0&msid=205047405240063431983.00049c3956d67801e3b1e
 うれ~??八山岳(はっさんだけ)標高659.3m現八山岳。はへ~大尾岳(うおだけ)940.5m旧八山岳
 地名が変わったんだ!以前私も国土地理院の地図で八山岳(はっさんだけ)940.5mは確認ずみだったよな~?
ほんの最近変わったのでは?場所も近いし混乱するのは当たり前ですね!したがって、先生は旧八山岳すなわち大尾岳(うおだけ)940.5m目指さねばなりません。
 いや~おかげさまで近頃滅多にない大発見でございもした。地図好きにはたまいもはん!ありがとう!

投稿: デラ富樫 | 2011年12月14日 (水) 08時02分

飛ぶがごとくーー>翔ぶが如く
2部19回で最終回でした!長かった~!
 私は、頂上には行きませんでしたが途中の写真が懐かしか~!ありがとございました。

投稿: デラ富樫 | 2011年12月14日 (水) 08時12分

 ちなみに、横別府は国家的には「よこびゅ」なのよ!大原は「おおばい」ね!池野は「いけん」、原沢は「はっ」う~~~~ん。たまらん!国が決めた地名の読み方が、これなので、気取って「よこっべぷ」と言ってはいけないのですね~これが!ばん!ばん!ばん!「はっに行てくるから」と言わざるをえないのであります。

投稿: デラ富樫 | 2011年12月14日 (水) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『徹底検証・ここまでわかった!邪馬台国』を読む② | トップページ | 「八山岳」地名考 »