« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

『はやぶさ―遥かなる帰還』を鑑賞

今朝のNHK朝の「九州・沖縄サタデートーク」いう番組に、映画『はやぶさ―遥かなる帰還』の主演・渡辺謙が出演していた。007

 当然のことながら、九州は鹿児島の内之浦町から2003年に「МーV第五号機」によって打ち上げられた惑星探査機「はやぶさ」が主人公である。

 「はやぶさ」は2003年5月12日に文部科学省・内之浦実験場から「МーV」シり―ズの一環として打ち上げられた。

 当初の予定では、3億㌔離れた小惑星「イトカワ」に着陸するまでが2年、帰還に2年の合計4年で戻るとされていたのだが、最初の着陸に失敗したり、帰還のコマンドが出されて初めは順調だったものの、ある日を境にぷつりと交信が途絶えてしまった。

 地上の電波では把捉できない状態が46日続き、47日目にようやく「はやぶさ」の発する電波が捉えられたのであった。

 その後比較的順調に地球に向かっていたが、推進力である「イオンエンジン」4基のうち1基だけしか動いておらず、それさえも持つかどうか分からない瀬戸際の状態が続いていた。

 イオンエンジンの配線を変えることで、何とか推進力が回復され、ようやく地球への着陸が成功した。2010年6月13日のことであった。場所はオーストラリアのウーメラ砂漠。着陸の少し前に小惑星「イトカワ」の土を中に入れてきた探査機「はやぶさ」のカプセルが切り離され、探査機そのものは大気圏への突入で燃え尽き、見事な流星となって夜空を明るく照らし出したことは多くの人が見ているはずである。

 それにしても日本の「微に入り細にわたる技術」は素晴らしい。さらに7年後の帰還まで辛抱強く見守り続けていたJAXA(ジャクサ=日本宇宙科学研究所)のチームワークも素晴らしい。

 その統括責任者・山口氏を演じていたのが渡辺謙であった。013 出演は山口氏の上司役に藤竜也。イオンエンジンを開発した教授役に江口洋介。教授と同期でNECでイオンエンジンを作り上げた技術者役に吉岡秀隆。衛星のサンプルを組み立てた町工場のおやじ役に山崎努。・・・などなど、みな好演していた。

 エンディングでは配役や協力団体のテロップが流れる中、内之浦の昔の「日本初の衛星・おおすみ」の成功を祝う45年前の写真が10枚くらい紹介された。

 この映画はドキュメンタリの手法で撮られているが、内容は日本の優秀な技術者のドラマである。見逃したら損をするだろう。

 「リナシティかのや」での公開は3月2日の日曜日まで。大人1800円、高齢者1000円、水曜日はレディ―スデイで女性なら1000円で見ることができる。

| | コメント (0)

花粉が飛んだ!

4,5日前に鹿屋市内を走っていたとき、何だか目のかゆみを覚えた。

「とうとう来たか!」と頭に浮かび、舌打ちすることだった。スギ花粉が飛び始めたのだ。

 NHKの朝の天気予報番組の最後に「花粉情報」が出るようになったが、このところは県内全域では「少ない」という予報になっている。しかし名にし負う森林地帯、しかも人口樹林、すなわち杉の大生産地である大隅地方が「少ない」とはいえ風向きによってはピンポイント的にはかなりの量が降り注ぐ地点もある。

花粉症歴すでに23,4年になろうか、毎年春先は鼻水・鼻づまりに悩まされてきた。

 どういうわけか、夕食時に晩酌をするとそれはそれは大量の鼻水が出始め、大げさではなく「水道の蛇口をうっかり最後まで閉めず、細い水がずっと出続ける」のと同じ現象が起き、ちり紙を丸めて鼻に突っ込んでも、しばらくするとその丸めたちり紙の先からポタポタと水のような鼻水が止めどもなく出るような始末であった。

 まるで鼻血が出たようにちり紙を鼻に突っ込んでいる姿は滑稽でもある。それはそれで済む話であろうが、問題は床に就いたあとなのである。床に就いて眠気を催してくると不思議に鼻水は収まってくるが、そのあとがいけない。

 寝入ると今度は強烈な鼻づまりに襲われるのである。鼻からの呼吸は完全にストップし、口呼吸になるのだが、冬の寒い夜、一晩中、口呼吸をしていると気管支がおかしくなってくる。苦しくて目が覚める。また寝入るが、再び口呼吸の苦しさで起きる・・・・・・・。こんな繰り返しでまともな睡眠がとれなくなるのだ。

 しかし医学の進歩は日進月歩、10年くらい前に鼻の過剰反応を妨げる薬を飲んでからは、あの強烈な鼻づまりからかなり解放された。副作用としては物の臭いへの感受性がえらく制限されたことが挙げられる。もちろんそんなことはあの鼻づまりの大幅な軽減からすれば何ということもない。

 しかしながら、強烈な鼻づまりから解放されたといっても、完全に鼻づまりから解放されたわけではない。ともするとスギ花粉とは全く関係ない「風邪」や「ハウスダスト」などによる鼻づまりはこれまで通り寝苦しくしていたのである。

 そこで去年の暮れの12月16日に「鼻粘膜をレーザー光線で焼く」という手術を受けたみたのであった。わらにもすがる思い―と言うとやや大袈裟だが、薬に頼らず何とか鼻アレルギーを解消したいという強い思いが駆り立てたのだ。

 手術は手術と言うほどのものではなく、歯科医で虫歯を治療するよりも軽いものであった。(鼻へのピンポイント麻酔と手術で20分くらい。痛みはほとんど無く、拍子抜けがしたほどである。)

 さて、肝心のその後は・・・・・・

 驚くなかれ、手術後2か月を過ぎたが、就寝中に鼻づまりで困ることは全くなくなったのである。もし読者で鼻づまりで悩んでいる人があったら「レーザー治療」をぜひ奨めたい。この手術は今や保険診療の範囲に入ったようで、3000円から5000円くらいで済むから、仮に失敗してもさほどの負担にはならないはず。

 失敗と言うのは、人によっては術後の鼻粘膜の回復が早すぎて再びアレルゲンに晒されたとき、アレルギー症状が再発することもあるらしいのだ。だから手術したからっといって油断せず、これまで通り外出の際はマスクを忘れずにしていなければならない。

 これからスギ花粉のピークを迎えようとしているが、自分は手術後に鼻のアレルギーを抑えるとされるいかなる薬も飲んでいない。もし自分がさしたる症状もなくシーズンを乗り切れたら、こんなうれしいことはない。医療費の節約にもなる。その時はまた報告したい。では、また。

 

| | コメント (0)

平田靭負の子孫が講演(鹿屋市高須町)

鹿屋市高須町出身で、あの木曽川治水工事の総奉行(薩摩藩家老)であった平田靭負(ゆきえ)の9代目の母方の子孫という平田靭久氏の講演が高須学習センターの集会室で開かれた。

 ルーツは鹿児島市内伊敷町にあり、そこは靭負の子孫が代々いた所であったが、いつしか男子が絶え、鹿屋市の高須町の岩元家に嫁いだ娘の子で平田家に入籍したのがすなわち今日の講演者・平田靭久氏である。

 現在は姉の嫁ぎ先の大阪のバネ製造会社に役員として属し、かたわら木曽川治水を行い、辛酸のうちに完成させた「薩摩義士」の物語を説いて回っている。003_2 それも「紙芝居形式」を採用して、迫真の演技を見せてくれた。これなら歴史に関心の薄い小学生などにはもってこいのアイテムだ。004_2 開始直前、何を取り出すのかと思ったら武士の月代だった。001 今日は「開設30周年記念講演会」ということで、高須出身で平田靭負ゆかりの人を講師に呼んだということである。008 講演終了後、高須の「刀踊り保存会」会長が挨拶とお礼にマイクを握った。

 講演の骨子は「木曽川治水により薩摩藩はそれ以前にあった70万両という借金に加えてさらに40万両の借財を生じさせた責任を取り、総奉行・平田靭負は江戸幕府が完成の検分をし、これでよし、との回答を得た翌日、割腹して果てた。」というもの。

 江戸時代、幕府は外様で規模の大きい大名の力を削ぐべく、各地の治水や城の修築などに駆り出した。いわゆる「御手伝い普請」といい、この木曽川治水の規模は前代未聞の莫大なもので、出費した40万両は薩摩の自弁、幕府が出したのはわずか1万両ほどだったという。

 工事への度重なる嫌がらせ、食事の粗末・・・耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、という言葉通りの難事業だった。ゆえに幕吏への怒りを隠忍自重し、耐えられなくなって自害するもの53名、不衛生な食事によって赤痢などで命を落とすもの30余名という犠牲を払い、検分に来た幕府方役人をうならせるほどの出来栄えだったという。

 「全く自分の利益にならないことへ精力を注ぎ、その結果が他者の役に立つ」というのを「義」というが、薩摩藩士はその通りのことを成し遂げたのである。よく「赤穂義士」などと言うが、あれは「義士」ではない。わが家の恨みを晴らしたに過ぎない。たしかに2年余もかかって見事に主君・浅野内匠頭の敵討ちをした業績は認めるが、それはあくまで主君への忠節を貫いたということであって、仇討によって当事者以外の誰かが利益を得たわけではない。

 そこに「薩摩義士」との大きな違いがある。薩摩義士は自腹で本来地元である美濃・尾張の大名がやるべき治水をやらされ、見事に完遂した。その結果は薩摩藩に何の利益もない。まさに「義」を実行したのである。永遠に語り継がれるべき業績だろう。(合掌)

 追記:旧日本軍60万がソ連によって強制連行され、酷寒のシベリヤでインフラ整備や建設に従事した挙句、6万もの死者を出したのも、「義」だろう。木曽川治水とは規模も死者数も違うが、義挙であることに違いはない。それにしてもソ連とはひどい奴らだ。感謝も知らぬ。



| | コメント (5)

初梅(鹿屋市共栄町)

季節はいつの間にか春の兆しを運んでくれた。

思いがけなく、町の真ん中に梅が蕾を開いていた。今年目にする初梅である。025 旧専売公社の裏庭にある古木の梅の木が1分咲きだった。昨日の夕方から気温が上がって来たと感じていたが、梅の開花はまだまだだろうと思っていたのだ。024 我が家の梅は一輪すら咲いていないので、驚いた。と言うより得した気分になった。023 これから市内のあちこちで見事な梅を目にすることだろう。







| | コメント (0)

ヒメ・ヒコ公演(鹿屋市大手町リナシティかのや)

鹿屋高校出身で沖縄に長いこと過ごし、5年前に帰ってきた松永太郎氏演出の「ヒメとヒコーある王の物語」の5回目の公演があり、観に行ってきた。010

 場所はリナシティかのやの大ホール。450席ほどあるホールだがほぼ満席だった。昨日の土曜日には昼と夜の2回の公演があったそうだが、同じように活況だったようである。

 今回は鹿屋市吾平町の中尾遺跡(地下式横穴古墳群)で発見された「象嵌装太刀」をミュージカルの中に取り入れていたが、タイムリーな演出であったと思う。

( 象嵌装太刀の発見に触れたブログはすでにアップしてあるのでこちらを参照して下さい。)

 今回はおととしに観て以来2度目だが、演じる高校生の演技力・歌唱力どれをとっても数段の上達ぶりで、たっぷり堪能できたと思う。

 毎年演出が微妙に変化していくのも新鮮だ。出演の高校生(鹿屋女子高・鹿屋中央高・鹿屋高・鹿屋農業高・鹿屋工業高・国分中央高)も毎年メンバーの出入りがあるので、当然と言えば当然だろう。

 フィナーレは純な高校生に戻り、舞台の完結を歌って終わった。

 奄美のヒメと大隅のヒコが結ばれるというのが主題の演劇だが、大隅の高校生たちに、彼らの協同で成し遂げた思い出としてかなり大きなインパクトを与え続ける行事である。これからの継続と発展を願う。

| | コメント (0)

志布志城(内城)を訪ねて(志布志市田屋敷ほか)

志布志の田ノ浦山宮神社のダゴ祭りを見物した帰り道、5年前に国の史跡に昇格した「志布志城・内城」に上がってみた。

 志布志小学校の場所が藩政時代の地頭屋敷、すなわち御仮屋が置かれていた所だが、その真裏の小高い丘の上が旧跡・志布志城である。

 平山氏庭園や天水氏庭園のある市道を北へ行くとすぐに「志布志小学校通用口」という看板があるから右折する。かなり狭い道になり、20㍍ほどで通用口の駐車場に出る。学校が休みの土日なら、ここに車を置かせてもらうことになる。

 シラスの小山が壁になった細い道を歩くこと50メートル。もう本丸への登り口だ。059 白い標柱の所を右手に上がって行く。060 狭い空堀の中を登って行く。062 まずは左手の道をとる。しばらく行くと巨大な空堀となる。幅は5,6メートルはあろう。軽車両ならすれ違える広さだ。064内城の中には6か所の曲輪(くるわ=廓)があり、各曲輪の間はすべて空堀で仕切られており、見事な築城設計であることが分かる。

 空堀や曲輪への細道のどれ一つとしてコンクリートなどで固められたり改変されていないということで、この内城は国の史跡として認定されることになったのである。

 築城のはっきりした年代は不明だが、南北朝時代にすでに楡井氏の拠る城として文献に出てくるので、少なくとも春秋650年は経っていることになる。

 大隅半島で国史跡となっている城址としてもう一つ、肝付氏の居城だった「高山本城」があるが、ここも同じ南北朝時代にさかのぼれる由緒を持ち、歴史の古さと重要拠点であったことでは甲乙を付けがたい。067

本丸に到着。広さ一反(300坪)以上はありそうだ。その一角には「三宝荒神」が祭られていた。068 本丸からいったん入り口まで下り、ほんの少し駐車場のほうに戻ると「矢倉場入り口」という標柱があるのでそこを登ると右手に広場があり、回り込んだ場所に墓塔がある。074新納時久の墓である。新納時久は島津氏第4代忠宗の四男で、建武の初め、日向国の新納院(現在の木城町)地頭職を補任され、姓を新納と改めている。

 南北朝時代に抗争した畠山直顕と楡井頼仲のうち、楡井氏が勝利を収めてこの志布志城に入ったあと、今度は大隅の土豪たる根占氏などとの争いとなり、楡井氏は頼仲・頼重の兄弟ともに死亡し、志布志城は島津氏一族・新納時久の居城となった。

 新納氏の領有は天文18年(1549)ころまで7代160年ほど続いたが、肝付氏16代兼続によって攻略された。しかし肝付氏の天下も25年ほどで終わり、再び島津氏の所領に帰した。その後、地頭を置いて居城させたが、慶長20年(元和元年=1615年)の一国一城令により廃城となった。077新納時久の墓のある矢倉場のすぐ下は志布志小学校で、その向こうに小雨に霞む志布志湾沿いの町の中心地が見える。天気が良ければ「志布志千軒」と言われ、交易船の輻輳した港町志布志への大動脈・太平洋が望まれたはずである。














| | コメント (0)

山宮神社のダゴ祭り(志布志市田ノ浦)

3年前に初めて見物に行った田ノ浦山宮神社の春祭り、「ダゴ祭り」を今年ふたたび見に行った。

 近くに聳える御在所岳(530m)を往復し、麓の山宮神社に到着したのが11時20分だった。まだ拝殿では神事が執り行われていて、氏子代表のような人たちが玉串を奉奠していた。

 賽銭箱に小銭を投げ入れ参拝したが、すぐ脇の柱には集落の「ダゴ」に加えて今年も田ノ浦小・中学校の見事なダゴがあった。035034ダゴとは「メノコモチ」と言っている地方もあると思うが、小さな餅を木の枝の先端に刺してあたかも大豊作の稲穂のように飾り、今年の豊穣を願ういわゆる「予祝行事」である。

 もちろん「豊穣」には豊作のほか、健康や家内繁栄などすべてが満足されるようにという願いが込められている。

 11時半、境内に設けられた舞台で、神楽舞が始まった。今年の演目は「彦舞(ひこまい)」「両刃舞(もろはまい)」「帯舞(おびまい)」「なぎなた舞」「田の神さぁ舞(たのかんさーまい)」「鉾舞(ほこまい)」の六種であると説明があった。

 まずは、彦舞。039


 天狗のような面を付けた演者が、舞台の真ん中に置かれた切り株の踏み台に上がり、東西南北を祓い清めるのがこの舞の役割らしい。

 次は両刃舞。041両手にやや短い刀を持ち、やはり四方八方に向かって刀で切る仕草をしていたので、これも祓いを行っているようだ。「魔を切る」と言ったほうがよいかもしれない。

 続いて、帯舞。044二人の演者が紅白の長い帯を持ちながら勇壮に舞う。ときどき帯を舞台の床に振りながら這わせていくが、これは「帯=ひれ」を振ることによって大地の目覚めを呼び起こす仕草ではないかと思う。

 次は、なぎなた舞。048なぎなたは刀の一種であるから、これも両刃舞と同様、魔を切る意味だろう。なぎなたを「なぎなた鎌」とすれば、山野を切り開く所作なのかもしれないが―。

 次に田の神と頬かむりをした田吾作が登場すると、見物衆から笑い声が上がる。049 いつもながらに掛け合い漫才のように面白い。今年は特に15分くらいも演じ、田吾作がついに田の神の持つしゃもじとすりこ木を、まんまとせしめる所まで演じていた。

 最後は、鉾舞。051 これも最初の彦舞と同様、天狗の面のような赤い面をかぶり、おまけに頭のてっぺんに金色の皿を載せている。まるで河童のようだ。

 6番の舞すべてが終わると、いよいよ「ダゴ取り」が始まる。奉納されたダゴ飾りが境内に集まった群衆の中に持ち出され、合図とともにみんながダゴを取っていく。055 ダゴを家に持ち帰り、飾っておくもよし、食べてもよし。一年の豊饒が約束されるというからみな懸命に取っていく。めでたし、めでたし。









 

 










| | コメント (0)

御在所岳に登る(志布志市田ノ浦)

  毎年立春に近い日曜日に開催される志布志田ノ浦「山宮神社」の春を告げるダゴ祭りに、今年、3年ぶりに行ってみた。

 今回はまず、安楽川を挟んで東方の田ノ浦山宮神社元宮があったという「御在所岳」に登ることにした。

 御在所岳は標高530mの山で、姿がめっぽう美しい。001 志布志市の港地区から宮崎県都城市に通じる県道65号線を北上すると、田ノ浦地区まであと3キロという場所から秀麗な御在所岳が姿を見せる。

 我が家から目的の御在所岳登山口までは48キロほどあった。031 県道65号が「山宮神社へ」という標識を左に出した所からわずか300㍍くらい行くと、田ノ浦小学校の通用門の入り口が見える。(写真は通り過ぎて、逆方向から見たところ。左手へ上がって行く道がある。)

 上って行くと50メートルほどで正面に田ノ浦小学校の門があり、そこを左手に上がり、右手に体育館が見えたら左折する。すると間もなく広場に出る。そこには以前、生活改善センターがあったところだが、今は跡形もない。002 現在は駐車場として使えるようになっている。ここが御在所岳にの登山口である。向かって左に車の通れるような道が延びている。004 緩やかな登山道を100㍍ほど行くと「山麓宮居跡」という標柱が見えた。ここに山頂近くにあったお宮の里宮のようなものがあったらしい。005 里宮跡から200㍍でいよいよ山道へと左折して行く。008 スズタケの落ち葉で埋め尽くされた歩きやすい道を5分も登ると、左から県道から直接登ってくる道を併せる。010 さらに15分で第一展望所だ、曇っているので分からないが、晴れていれば志布志湾が望まれる所だ。013 登ること10分、「亀石」がでんと構えている。登山道ではこのような種類の岩石がところどころ庭園のように点在するが、こんなに大きいのはここだけである。全長7㍍くらいだろうか、確かに亀に似ている。019 さらに20分で古宮跡への分岐だ。ミズナラか何かの二股に分かれた巨樹から右手へ下りて行く。
023_2 するとすぐに木製の鳥居があり、それをくぐると巨岩が不思議な空間を作っている場所に出る。祠がいくつも鎮座しているので、元ここには神社のような建物(古宮)があったのかと思わせる。025 古宮から10分でほぼ山頂に着く。山頂の少し手前のシイ樹の立った高みから、東方面が見下ろせる。024 何の変哲もない山頂。もっとも、程よいマウンド状になっているので、何かここには眠っているかもしれないと思わせるに十分だ。天智天皇の御廟だそうなので・・・。

 登山データ:標高差約400m(登り1時間半、下り45分)



























| | コメント (5)

寒さの峠か

今朝の寒さは氷点下5℃、この冬一番だった。

 早朝6時15分、いつものようにウメの散歩に出た。そしていつものように近くの畑でウメを放して遊ばせたあと、帰るころになって耳が痛いのに気付いた。

 これまで氷点下3℃くらいは2度ほどあったが、耳が冷たいという感じだけだったのだが、今朝は冷たさを通り越して痛かった。

 東の空がかなり明るくなって家に戻ると、池の水が完全氷結。ためしに割ってみると厚さが2センチもある。006 車には雪の結晶のような氷が着いている。003 庭にある水道も完全に凍りついていた。

 ウメの水入れの水も、分厚い氷で水を飲めないので台所の水を汲んで足してやった。喜ぶウメだけは寒さを物ともしていない。

 この間などは氷点下だったのに、繋いでいる支柱にチェーンが巻き付いていて小屋に入れず、地べたに丸まって寝ていたが、「寒いワン」とも何とも言わなかったので気づかず、朝の散歩で玄関を出てはじめて分かった次第。

 犬の寒さに強いのには舌を巻く。004








 

 

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »