« 初モンシロチョウとミツバチ(鹿屋市下堀町) | トップページ | 高原・小林・えびの歴史探訪 »

猫パンチ撮影ならず

 モモは庭に散歩に行き、遊び飽きるとウメの小舎の上に乗って今度はウメとのスキンシップ(?)をはかろうとすることがある。退屈しのぎなのかもしれないが。

 その時の様子はいつも決まっている。

・・・ウメが気付き、小屋から出て尻尾を大きく振りながら屋根に前足をかけ、モモに鼻面を近づけようとする。

 するとモモは少し驚いたように後ろにのけぞる。そして気を取り直してから今度は猫パンチをウメの鼻面にお見舞いする。たいていの場合右手を使う。猫にも利き手があるのだろう。パンチはほとんどウメに避けられてしまうが、2度か3度はやっている。・・・

 今朝、居間の窓からそんな光景が見られたので急いでデジカメを取りに行き、ガラス越しにまず撮影したが、タイミングが合わず失敗。001 なんだもう行っちゃうの―とウメ。

 それでは、と急ぎ現場に駆けつける。

 屋根から降りて畑にいたモモを捕まえて、無理やり屋根にのせてみる。

 ウメがまた前足を屋根にかけると、モモも乗ってきた。しめしめ、うまく行きそうだ・・・。009 あららら・・・、ウメに一発パンチを食らわせ、モモはさっと身を翻しておさらばだった。余りの急襲にわけが分からず、のけぞるウメ。残念。

 これまでもう何度も窓越しに撮ろうとしても失敗続きだったので、今度こそは、だったのだがどうしても無理か・・・。

 じっと待ち続けるという根性はないので仕方ない。ビデオで撮るしかないかな。

 天気予報によると今日は20℃くらいまで気温が上がるらしい。

 スギ花粉は10日ほど前にピークを過ぎたようだが、一昨日、単車で出勤した際にマスクを二重にしていたにもかかわらず、職場に着くまでに10回くらいくしゃみが出た。それで昨日、今日と睡眠時の鼻づまりがぶり返してしまった。

 12月16日に受けた鼻粘膜へのレーザー治療の効果は、どうやら2か月半ほどで失われたようである。鼻の粘膜がすっかり元の状態に戻ってしまったのだろう。

 それでも例年に比べると、今年のシーズンは薬を飲んでいないのに鼻づまりが格段に減った。これまで5,6回で済んでいるのだ。次回は2月に入る直前に手術を受けてみよう。そうすればスギ花粉攻撃から完全に鼻を守ることができるだろう。来年が楽しみだ。




|

« 初モンシロチョウとミツバチ(鹿屋市下堀町) | トップページ | 高原・小林・えびの歴史探訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初モンシロチョウとミツバチ(鹿屋市下堀町) | トップページ | 高原・小林・えびの歴史探訪 »