« 外来種の植物たち(庭で) | トップページ | 甥からの贈呈本『寺山修司研究・5』 »

ついに撮った!猫パンチ

今日は台風一過のような上天気。

 昼過ぎ、NHKののど自慢を見終えてくつろいでいると、窓の向こうのウメの小屋に近づくモモの姿が見えた。

 いつものように小屋の後ろの庭石に上がり、ウメをからかうように猫パンチを喰らわすかと思いきや、何とウメの側に来て鼻先を近づける。ウメも鼻先を近づける。と、・・・急に体をくねらせたかと思うと、でんぐり返しをしたではないか!003ええっ!ウメもびっくりして首をかしげた。

 ウメが恐る恐る近づいて鼻面を突きつける。004クンクン―とウメはモモの毛並みの中へ鼻を入れた。007すると、猫パンチ!!アッパーカットだ。ウメは素早くよけたが・・・。009後ずさりして、モモの出方を見守るウメ。

 モモはそのまま動こうとしない。どんなもんだ―と思っているのか。010同じ姿勢を続けるモモに業を煮やしたのか、今度はウメが!!―危ないぞ、モモ!

 このあと、どうなったかって?

 危うし、モモ!―と思って見ていたら、ウメはモモの手にハイタッチ。

 モモはそのあと、すぐ身を翻して立ち去ったのであった。

 ウメはやはりモモを姉さんと思って(刷り込まれて)いるようである。













|

« 外来種の植物たち(庭で) | トップページ | 甥からの贈呈本『寺山修司研究・5』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外来種の植物たち(庭で) | トップページ | 甥からの贈呈本『寺山修司研究・5』 »