« 叢生のテッポウユリ(鹿屋市池園町) | トップページ | 夏越しどん神事(肝付町内之浦岸良海岸) »

大姶良の夏祭り(鹿屋市田淵町)

 8月11日(土)の夕方、大姶良地区で祭りが催された。

 今年で6回目となる新しい祭りだが、祭りといっても神社の祭礼などではなく、旧盆に帰省する客たちに故郷の思い出を作って貰おうという主旨の祭りのようだ。

 会場となっている大姶良小学校横の「ふれあい広場」には舞台が設けられ、7時前に到着してみると保育園児や小学校などの集団の遊戯や演奏が始まっていた。Cimg3810 まだ日没前だったが、暑さはさほど感じられず、芝生の上のブルーシートに座った家族連れなど多くの観客は、誰ひとりとして団扇や扇子で煽いだりしていなかった。

 テントの屋台で生ビールを買い、シートの空いたところに腰を下ろして飲みながら見ることにした。Cimg3812 大姶良小の5年生によるリコーダー演奏。Cimg3818 子供たちの演奏が終わると、大姶良西地区に伝わる「棒踊り」の出番があった。これは去年の秋に、岩戸神社の例祭で披露されたのを見ている。Cimg3824 錬心舘大姶良支部の道場生による演武。幼稚園から高校生までいろいろな型を披露した。Cimg3825 大姶良中学校ブラスバンド部の演奏が始まる前に夏祭りの実行委員長が挨拶。Cimg3827 珍しいアフリカの太鼓ジャンベの演奏チームが参加。真ん中のリーダーが大姶良出身だという。Cimg3829 太極拳の演武というか、踊り?Cimg3833 小学生から高校生までの女子ダンスチームが大姶良にもあった。Cimg3838 舞台の反対側から登場した「ひょっとこ踊り」の面々が、客席の間を踊り回る。受けは上々だ。Cimg3841 トリは鹿屋市(大姶良町だったか)出身のプロ歌手。(生ビール2杯と焼酎2杯で酩酊しつつあったので、名前は忘れてしまった)

 この歌手も観客の間に入って歌って回った。その後、抽選会があり、締めくくりに花火が打ち上げられた。Cimg3852 打ち上げ場所は小学校の校庭のようだ。

 8月7日の立秋以降、夜は確実に涼しくなってきている。帰省子たちも喜んだことだろう。



































|

« 叢生のテッポウユリ(鹿屋市池園町) | トップページ | 夏越しどん神事(肝付町内之浦岸良海岸) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 叢生のテッポウユリ(鹿屋市池園町) | トップページ | 夏越しどん神事(肝付町内之浦岸良海岸) »