« グラウンドゴルフ場(鹿屋市下堀町・田崎町) | トップページ | 計画倒れだった「計画停電」 »

肝属平野の水田地帯(肝属郡肝付町北後田)

 よく通る田んぼ道でこれほど道の真っ直ぐな所はないのが、肝付町旧高山の肝属平野である。Cimg4046 鹿屋市吾平町の広い田んぼと肝付町の広大な田んぼ地帯を4キロほどにわたって貫く農道が平野の真ん中を走っている。

 ところがこの単調と言えば単調な長い直線道路、高山側に200㍍おき位に看板が立っていて脳を覚まさせてくれる。

 看板によるとこの辺りは同じ高山でも「上之原地区」であるらしい。また「水土里」と書いて「みどり」と読ませ、水利組合の俗称(愛称)のようである。環境保全を呼びかけている。

 このような看板がざっと15枚くらいは立っているだろうか―Cimg4048必ず標語が添えてあるのはどこでもおなじみだが・・・。Cimg4051看板の側面にある「ご縁券のきた・うしとだ」が最初意味が分からなかったが、「ご縁券」は言うならば「ボランティアポイント」で、ゴミ拾いや草刈りの奉仕作業をするとポイントが加算され、自分が頼みたいときにそのポイントの分が使えるというものだろう。

 それより「のきた・うしとだ」だ。でも看板の表に「水土里サークル活動・北後田地区」とあるのでようやく分かった。「のきた」は「の北」であり、「うしとだ」は「後田(うしろだ)」の鹿児島方言だったのだ。車でビュンと通り過ぎる時にちらっと目をやる人が、「はて、なんのこっちゃ」とさらに脳が覚醒するに違いない。Cimg4052ちゃんとご縁券を解説する看板もあった!Cimg4059傑作なのが、標語がさつま狂句になっている看板だ。さつま狂句をやっている知人が言うには「漢字には必ずルビをふるのが原則」とかで、なるほど「総員」が「ずる」とは絶対に読めない。Cimg4057分かり易いが、しかし、悲痛な叫びを詠んだのもある。それほどこの直線道路では車からのポイ捨てが多いか。情けない。

 向こうに見える石碑は県営圃場整備事業の「完成記念碑」である。表に回ってみる。Cimg4054「田の神も 水土里活動見て 笑顔!!」と、この看板の標語は狂句ではない。自画自賛句だ。でも、これだけの広い田園を綺麗に保って行くのは並大抵ではないから、当然、田の神も満足されているにちがいない。

 碑は左から「完成記念碑」。圃場整備は昭和60年から平成10年まで13年かかって完成した。碑面の下に総工費約13億円(国が45%、県が32%、地元が23%の負担)受益農家637戸、総面積133ヘクタール(1.33平方キロ)とある。

 昭和60年と言えばもうとっくに生産調整(減反)がなされていたはずで、今さらという気もするが、他作物への転換たとえば畜産用の大規模な飼料畑に、というような方向性のもとでとにかく整備だけはしておこうと進められた事業なのだろう。

 その右手の石柱は昭和41年のもので、おそらく小規模な整備事業があった記念碑と思われる。その右はその当時に造られた水神の祠である。

 さらに右手に「タノカンサー」が鎮座するが、かなり剥落が進んでいて刻銘は何もなく、いつの建立かは分からなかった。

 一番右手は大正3年建立の水神祠。ちょうど100年前に建立されたことになる。Cimg4065旧高山と旧吾平の境を流れる「境川」の橋の側にも。ここからが高山地区、という目印だ。Cimg4066「境川橋」から反対側は鹿屋市吾平町の広い田んぼ地帯だが、こちら側には高山側のような看板は立っていない。

 広大な肝属平野の一角である北後田田んぼを俯瞰できるところはないかと、ふと思いついたのが田んぼ地帯を見下ろすシラス台地のへりにある高山高校だった。Cimg4043県立高山高等学校。普通科だけでは存立が危ういとも聞いているが、伝統ある高校である。

 この学校の広いグラウンドの向うが若干開けているので行ってみる。Cimg4041北後田の田園地帯の向こうは笠野原台地が平らに広がり、その手前を肝属川が流れている。

 ※赤い屋根の奥の方に桜迫(おうさこ)神社があり、そのあたりが神武天皇揺籃の地と言われている。古代はこの見渡す限りの田園の内部まで海が入り込み、神武天皇揺籃の地は川と海との境界域であり、そこには良港があったと思われる。

 

 私見では―神武天皇とはアイラツヒメの子(長男)で東征に付き従って行った投馬国王タギシミミ(船舵王と意訳できる)のことであると思っている。航海と交易の両方を兼ね備えた人物であったろう。
































|

« グラウンドゴルフ場(鹿屋市下堀町・田崎町) | トップページ | 計画倒れだった「計画停電」 »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グラウンドゴルフ場(鹿屋市下堀町・田崎町) | トップページ | 計画倒れだった「計画停電」 »