« 茶工場と茶畑(肝属郡錦江町) | トップページ | サツマイモの収穫風景(鹿屋市池園町) »

肝付氏第6代兼藤の墓(鹿屋市串良町中郷)

 昨日のおおすみ歴史講座で、肝付町からおいでのF氏から、「6代肝付兼藤の墓が中郷にあったなんて驚いたな」と言われ、今日の午後仕事ついでに行ってみた。

 串良町の串良小学校と総合支所の間の串良川沿いの県道(高山・串良線)を北上し、国道220号線を横切り、平坦な道を道成りに行くこと4キロ、左手に花崗岩の石柱の立っている所が目的の「小野原墓地」であった。

 道路に沿って流れる用水を横切って山手側に入ると、ほんの20メートル先に墓塔群が見えた。その中の一番立派な宝塔が兼藤の墓らしい。Pt350036_3 苔むした古墓には似つかわしくない造花だが、墓守がいてどの五輪塔にも常に香華を絶やさないようだ。Pt350034 兼藤の墓と思しき物は、一見して非凡な造りであることが分かる。胴(水輪)の部分に彫られた阿弥陀如来か地蔵菩薩か、この墓の主の菩提を弔う強い意思が如実に表わされているように見える。Pt350032 兼藤は、北条家一門で当地の地頭となった名越氏と領地争いをした挙句、地頭代としてやって来ていた源盛貞によって殺害された。元亨3年というから1323年のことである。

 「納骨宝塔」とは遺骨が納められた宝塔のことであるから墓と言って間違いではない。とすると、なぜ文永5年(1268年)に前代の第5代兼石によって創建された盛光寺墓地に建立されなかったのだろうか?

 それは執権北条氏の勢力が極めて強力で、地頭代も北条氏の威光のもとに肝付氏を抑えにかかり、ついに兼藤は「逆賊」として誅殺されたがゆえに、本貫の地である盛光寺墓地に葬るのを憚られたのではなかろうか。

 次代の7代兼尚はさらに争論を重ね、ついに直接鎌倉幕府の問注所まで越訴に出かけたが、行方不明となっている。これも「逆賊」としての成敗を受け、本貫地の高山に葬られなかったのであろう。

 







|

« 茶工場と茶畑(肝属郡錦江町) | トップページ | サツマイモの収穫風景(鹿屋市池園町) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。花織と申します。県内の歴史に興味をもちまして こちらのブログを拝見させて頂いております。
肝付氏の歴史を色々と知ることができ とても感謝致しております。歴史を辿るということはとても大変で難しいことだな と最近感じております。
これからも 拝見させて頂きたいと思います。ありがとうございます。

投稿: 花織 | 2013年4月12日 (金) 17時43分

小野原本家の長女です。現在大阪在住です。小野原古墳を訪ねて下さってありがとうございます。
長く墓守をしていた母は4年半前に他界しました。それからは私が春は3月上旬~5月上旬まで、秋は8月下旬~10月初旬まで滞在しています。それ以外は偶然か高山町前田の親友がお墓を守ってくれています。それとお隣のおじちゃんが時々お花も挿してくれているようです。感謝感謝です。私も肝付氏との関わり、小野原家のルーツも知りたくて最近から調べてはいますが、武士で門割制度の門まではわかりました。これからも合わせて探索して行きたいです。良い情報があればご教授ください。よろしくお願いします

投稿: 旧姓小野原 | 2015年12月17日 (木) 15時13分

旧姓小野原さん。
 コメント有難うございます。
 小野原氏の嫡流ということですが、小野原氏については約20年前に発刊された『鹿児島県姓氏家系大辞典』(角川書店発行。平成6年)に次のように記載されています。

<肝属郡高山町前田上西方に先祖が肝付氏の祖・伴掾大監兼行に従ったという小野原氏がある。
 安和二年(969年)に兼行に従って薩摩国鹿児島郡伊敷(鹿児島市)に下り、同所に16年間住んだ。その後、永観年間(983~985年)頃に肝付氏が大隅国肝属郡高山へ移るのに従い、これ以後も代々肝付氏に仕えた。のちに肝付氏の分家岸良氏の領地であった肝属郡岸良(内之浦)に移り住んだ。
 初代とされる良法は寛永10年(1633年)の高山衆中高帳に「岸良にまかり居る衆 80石 小野原志摩之介 弐石役分 但し 山奉行」(岸良在住の高山衆中で80石の知行 小野原志摩之介 役手当は二石で役とは山奉行である)と記されている。寛文年間(1661~1673年)の八兵衛は47石余で、噯所(地頭所)の筆者を務めた。文政年間(1818~1830年)の10代良意(芳山)は高山が生んだ史学の大家で、『肝付落城伝聞記』『諸家系図』『高山名勝志』などの著書がある。13代宅弥、14代良衛、15代良弘と続き、現在に至る。通字は良で、代々学者の家系で、噯所(地頭所)の筆者、横目、庄屋などの役職を継いでいる。分家には良文家・広視家・謙三郎家がある。>(注:西暦年はこちらが補いました)

 この本の45名の著者群の中に、神田三男・中島信夫・森田慶信などの大隅史談会の歴代会長はじめ、県内史学の大御所がずらりと顔を並べていますので、信頼してよいかと思われます。

投稿: kamodoku | 2015年12月18日 (金) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶工場と茶畑(肝属郡錦江町) | トップページ | サツマイモの収穫風景(鹿屋市池園町) »