« 鹿屋市納涼花火大会(新川町旧専売公社跡地) | トップページ | 稲刈りの風景②(鹿屋市吉国・野里) »

万歳、やっと解放される!

 昨日の午後、我が家の東に広がる雑草の生い茂った畑の方から、急にけたたましい音がし始めた。

 知らない人が聞いたら「暴走族がそこらに来ている」と思うかもしれない。それほど似ているのがエンジン刈り払い(草刈り)機の音だ。

 田代町の大原地区にいたころは、この草刈り機に加えて山中でときおり響く「エンジンチェーンソー(鋸)」の木を伐採する音が「暴走族がなんであんな山の中に?」などと一瞬思ったものである。

 我が家の東の畑を見下ろす方に行き、眺めると「おう、やっと畑になるのか」とにんまりした。Cimg4205 見ると、麦わら帽子をかぶった男性が草刈り機を使っている。

 ここに家を建ててからこれまでの9年間、画面の左下から左上にのびる我が家のブロック塀沿いの幅2メートル位を自前の草刈り機で年に6~7回は刈っていた。

 そうしないと雑草が伸び放題になり、ブロックを越えて左手の我が家の庭に侵入してくる。特につる性の「カンネンカズラ(葛)」や「ヤブガラシ」が困った存在であった。

 今回もし草を刈った後に何らかの作付け(サツマイモや大根、ニンジンなど)がなされれば、つまり恒常的に畑として使われるようになれば、耕作者の「善良な管理」がなされ、自分の草刈りの出番が不要になることになる。そうなれば万歳だ!Cimg4209 ウメも喜んでいるのか!Cimg4200 嘘つけ、Cimg4199
ついさっきまで腹を天に向けて寝ていたくせに!Cimg4202 ウメ! と呼んだら、ガバっと起き上がったウメであったよのう。








|

« 鹿屋市納涼花火大会(新川町旧専売公社跡地) | トップページ | 稲刈りの風景②(鹿屋市吉国・野里) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿屋市納涼花火大会(新川町旧専売公社跡地) | トップページ | 稲刈りの風景②(鹿屋市吉国・野里) »