« 大寒に咲く(鹿屋市寿八丁目) | トップページ | 花粉が飛んだ(らしい)! »

春一番が吹く

 今日は立春だが、何と早々と春一番が吹くという思いがけない天候になった。

 夜中に一度外を吹く風の音で目を覚ましたが、その後再び眠りにつき、明け方近くに今度は雨の音で目が開いた。

 寝室のガラス戸を開けてみると、そう強くはないが雨が降っている。しかし風そのものはそれほど強くは感じなかった。

 ところが日中は雨が小やみになるにつれて風が強さを増して行き、完全に雨の上がった昼過ぎには西風からだんだん南寄りに風向きが変わり、加えて蒸し暑くなってきた。

 これはひょっとして春一番か、と頭をよぎったが、まさか立春の日に春一番はないだろう―と躊躇した。人に話しても、誰もがそんなふうだった。

 だが、勤めを終えて家に帰り、6時のニュースを見ていると、「南九州と奄美地方に春一番が吹いた。気温も鹿児島で20.7℃まで上昇した。」とのこと。やはり春一番だったのだ(瞬間的には18メートル位あった)。

 自分の記憶では最も早い春一番だが、tennki.jpによると、この50年間では2番目だそうだ。

 つい昨日のブログに、1月は記録的な寒さだったという内容を書いたのだが、そんなことお構いなしのこの天気の激変。スギ花粉の飛散が早まらなければよいが・・・。

 おまけに今日は強い西風に乗って例の「中国の大気汚染」が押し寄せたようで、まるで桜島が噴火した時のように薄黒い雲とも靄ともつかないものが西の空を中心に広がっていた。

 こっちもクワバラ、クワバラだ。

|

« 大寒に咲く(鹿屋市寿八丁目) | トップページ | 花粉が飛んだ(らしい)! »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大寒に咲く(鹿屋市寿八丁目) | トップページ | 花粉が飛んだ(らしい)! »