« 彩雲?(鹿屋市池園町) | トップページ | 「主権回復の日」を沖縄が喜べない理由 »

アメリカ様への配慮!?

 NPT(核拡散防止条約)会議において、現地人の支配する「新生南アフリカ」が提出し70余国が賛成したという「核兵器不使用」決議に日本は賛成しなかった―という報道が28日にあった。(同じ日に「主権回復の日式典」が開催された。)

 その理由は<いかなる場合でも核兵器の使用はあってはならない>という部分が、「日本の安全保障上、そぐわないから賛同できない」のだそうだ。

 

 日本こそ率先して核兵器不使用を提議すべきもっとも期待される国家のはずである。それがこの頃の北朝鮮の核実験や核兵器保有への傾斜を受けて、アメリカの戦略に同調する方向へ向かったというのであろうか。

 バカもいい加減にせい!

 北朝鮮が核兵器を使用して他国を攻めたら、それが北朝鮮の終わりであることははっきりしている。それなのにアメリカはそれを受けて「お返しに核兵器をお見舞いして北朝鮮の息の根を止める」という最終戦略を考えているのだろうか。まともな考えではない。

 イラク戦争でやったように通常の兵器をピンポイント爆撃で北朝鮮の中枢部に集中砲火すれば、難なく北朝鮮指導部を粉砕できるではないか。「目には目を」で、やられたと同じ核兵器をぶち込まなければ済まない―というのであればあのイスラムの「ハンムラビ法典」と同じ過ちを繰り返すことになる。キリスト教国家アメリカが何もイスラムの教えに従うこともあるまい。

 そもそもアメリカのオバマ大統領はかの2008年の「プラハ宣言」で、核兵器廃絶を訴えていたではないか。その舌の根が乾かないうちに「北朝鮮が核兵器を使用するかもしれない」ことを理由に「北朝鮮があのような核兵器使用の脅しをかけてくる以上、こっちも核兵器不使用なんて言ってられない」と変心したのだろうか。

 オバマもペンタゴンのやる気満々に折れてしまったのか。

 この際、日本もアメリカとは手を切った方がいいな。このままずるずると「集団的自衛権が行使できる国家に」なんて言っているうちに、北朝鮮への核兵器使用を「致し方ない」「息の根を止めるために自衛隊を出兵する」となれば、日本はアメリカの完全な属国として世界から見捨てられる。

 日本は国連においてはいまだに英米(連合国)に敵対した「敵国条項国家」だが、ことを荒立てないために国連を脱退までする必要はない。アメリカ軍だけの駐留に代わり、堂々と真の「国連多国籍軍」(米・英・仏・露・中その他日本に勝った連合国軍)の駐留を受け入れたうえで、「日本はアメリカとの片務的な安全保障条約を廃棄し、代わって永世中立国を宣言する」と天皇陛下が直々に世界に向かって発表すればよい。

 こうなると世界のだれもが認めざるを得ないに違いない。国連の安全保障常任理事国(英・米・仏・露・中)は苦々しく思うだろうが、その他の世界180か国は「大賛成だ。日本こそが世界の安全弁なのだから」と諸手を挙げるだろう。中国共産党政府以外のアジア各国がしかり。1960年に植民地解放宣言を受けて次々に独立したアフリカ諸国もしかり。イスラムのほとんどの国もしかり。(今回、核兵器不使用を提議した南アフリカはマンデラ大統領が出現するに及んでこれまでの白人支配・人種差別=アパルトヘイト政策から解放された国で、日本の不採択には心底残念に思っているに違いない。だが、日本の永世中立には賛成するだろう。)

 「なぜ、日本は英米に敗れたとはいえ、いつまでもアメリカの属国のようになっているのか。もっと世界の平和・安全のために貢献して欲しいものだ。戦前に日本が立ち上がらなかったら、われわれ有色人種はいつまでも欧米の植民地であったのだ。日本こそ我々の目標だ。」

 こう思っているアジア・アフリカ・イスラム・ラテンアメリカの国々は多い。

 日本よ、目覚めよ! アメリカの属国から離れよ!

 世界はそれを期待している!

|

« 彩雲?(鹿屋市池園町) | トップページ | 「主権回復の日」を沖縄が喜べない理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彩雲?(鹿屋市池園町) | トップページ | 「主権回復の日」を沖縄が喜べない理由 »