« 大隅邪馬台国説について | トップページ | 天気晴朗なれど・・・ »

沖縄「慰霊の日」

 今日6月23日は沖縄の日本軍が降伏したいわゆる「沖縄終戦記念日」で、摩文仁の丘に於いて「沖縄戦没者追悼式」が行われた。

 ニュースでは追悼式典の様子を中継で伝えていたが、沖縄県知事の追悼挨拶の後に立った小学生の発表は胸にしみた。

 何でも沖縄では毎年この追悼式に合わせて小学生から「平和について」という作文を募集しているのだが、今回は与那国島の小学一年生が最優秀ということで式典で自ら壇上に立って読み上げた。

 「平和ってなんだろうとぼくは考えた。すると兄弟が仲良く、家族が元気で・・・・・」と続けて「ヤギが歩いている。・・・海では魚や亀が泳いでいる。・・・」「そういうのが平和だと思う。これからも平和を守って行きたい。」

 安里○○くんだったが、言葉がはっきりしていて何ともかわいい子であった。

 

 日本の中で、住民が間近に戦闘に晒されたのは沖縄が最初で最後だった。沖縄市民のうち3人に一人が犠牲になったというあの沖縄戦。本土からは特攻機が1000機以上は飛び立って沖縄近海の米軍に攻撃を加えたが、焼け石に水という結果になった。

 6月23日に沖縄戦司令官・牛島満中将や長参謀長が自決して戦闘は終わったが、牛島中将は沖縄住民の誠実な戦いに感激し、次のような言葉を残した。

 <沖縄県民かく戦えり。願わくば後世、格別のご高配あらんことを!>

 アメリカの支配は確かに昭和47年に止んだ。しかし厖大な基地は残されたままだ。大多数の沖縄人は「何ということだ!」と思っている。余りにも牛島中将の<ご高配を!>とはかけ離れている。それは日本とアメリカが結んだ日米地位協定のためである。

 日本の一部である沖縄県がそれを廃棄することは不可能だろう。なら、いっそ沖縄は日本から独立して「琉球共和国」を形成し、事実上の「地位協定からの離脱」を図ったらどうだろうか―などと思ったりもする。

 或いはこうも考える。自分の理想は日本全土が「永世中立国(ただし武装)」となって世界に宣言することだが、それが一足飛びに行かないのであれば、まずは沖縄を「永世中立特区」とすればよい。沖縄の米軍基地を必要最小限にまで縮小し、しかもそこは米軍ではなく米軍を含む「国連多国籍軍」の駐留に置き換えるのだ。

 国連安全保障理事会も反対する理由は見当たらないだろう。

 牛島満中将の心からの叫びを無駄にしてはなるまい。小学一年生の安里○○くんが成人するまでに、安里くんが描いたような平和の島沖縄が実現していることを祈りたい。

|

« 大隅邪馬台国説について | トップページ | 天気晴朗なれど・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大隅邪馬台国説について | トップページ | 天気晴朗なれど・・・ »