« 憲法改正論議(続) | トップページ | 肝付氏の揺籃の地(下伊敷・玉里界隈) »

梅雨の晴れ間(鹿屋市池園町)

 4日前だったか、奄美地方では平年より三日ほど遅れて梅雨が明けた。

 ちょうどその頃、こちらでは強い西の風が連日のように吹き、時折り激しい雨を降らせたが、昨日あたりから晴れ間がのぞくようになった。

 今朝は朝から晴れ間が広がり、気持ちがいいにはいいが、日の出直後の6時のウメの散歩の時はもう暑さを感じるほどで、案の定、10時になると玄関先の寒暖計で29℃を指すまでになっていた。

 ちょっと庭仕事をしただけで汗が噴き出してくる。汗だくになる前に止めて日陰で涼みながら空を見ると、ようやく夏空が顔をのぞかせた。Cimg5546去年よりは少し早いかもしれない。何と言ってもこの青さと雲の白さが夏空だ。Cimg5547この雲はもう積乱雲になりかかっている。こんな雲と青空から連想するのが夏山登り。千メートル以上だと山頂は5~6度は低い。途中までは地獄だが、山頂の絶景が待っている。

 ただし、沢のある山でないと水分不足と炎熱に悩まされっぱなしで危険である。もう年も年だし、思い立ったが吉日というわけには行かない。しかも・・・・・・。

 先週受けた胃カメラ検査の結果が「逆流性食道炎」。胃の入り口にある関門が緩んでいたらしく、胃もたれが酷かった。「アルコールは止めておいた方がいいですよ」と医師に宣告されたが、5日目からビールを再開した。いや、ビールに「再会」した。さらに10日目には焼酎にもお付き合いを願った。ともに喜んだが、焼酎にはまだ再会が早かったような気も・・・。

 というわけで山登りは当分無理だろう。

 

 庭から家に入り、居間に行くと何かが伸びている。Cimg5543モモが床の上に伸びをした形で横たわっていた。前足の肉球がほてっているのか、ソファの金属製の脚に付けている。夏毛になって涼しいはずだが・・・。Cimg5544catあらら、お帰り。

 え、夏毛になって涼しかろうって? アタイも朝早くから外で仕事をして暑かったのよ。何の仕事って? そりゃ、屋敷内の見回りと、しっことうんこよ。

 ―そうかい、ごくろうさん。でも、お前には「逆流性食道炎」なんてないからお気楽だよな。寝転んでりゃいいんだから。

 catそう、それで寝子(ねこ)っていうわけよ。

 ―そうだったな。

 ※(追記)翌日の7月8日、九州南部は梅雨明けしたそうな・・・。

 

|

« 憲法改正論議(続) | トップページ | 肝付氏の揺籃の地(下伊敷・玉里界隈) »

おおすみウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 憲法改正論議(続) | トップページ | 肝付氏の揺籃の地(下伊敷・玉里界隈) »